ブロンズカナリアペアの子供達(1期生〜3期生)

この春生まれた、ブロンズカナリアペアの
子供達が成長したので全員のメンバー紹介です。

あ、ハヤトは今回は紹介していません。
まあ、集合写真に紛れ込んではおりますが😅

① 1期生でハヤトと同期です。

荒ですが割と馴れてます。ハヤトの兄弟、一期生。

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -



羽の地色が白なのですが、7羽中、
この子だけなので珍しい色合いだと思います。
P7040012.jpg
ちなみに同期がハヤトですが、
この子もハヤトと同じく、足の色が左右で違いますです。

② 2期生 No.1


ハヤトに似てますね。
でも、色合いが少しずつ微妙に違うんですよね。
P7040051.jpg


③ 2期生 No.2

この子は少し怯えていますね、ごめんね、ちょっとだけ撮らせてね。2期生。

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -



黄色の配分が多く、綺麗な子です。
P7040024.jpg
すごく慣れていないです😅
だから握られるの大嫌いですが
撮らせてもらいたかったので…ごめんね💧

③ 2期生 No.3

ハヤトにそっくりですが、グレードはあまり出ていません。2期生。

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -



この子はハヤトに似ています。
P7040046.jpg
うっすらグレーも出ていますが、
まだ薄めです。もう少ししたら
ハヤトみたいにねずみいろっぽい部分が
増えてくるかもしれませんね。

④ 2期生 No.4

ハヤトのお気に入り。小さめだけど綺麗な子。女の子かも。2期生。

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -



この子はなぜか
あまり警戒はせず、比較的友好的です。
P7040009.jpg
同じ時に生まれて、同じ扱いをしても
みんな個々に性格は違いますね。
淡い色合いが優しい雰囲気の可愛い子です。

⑤ 3期生 No.1

小さめだけど気の強い子です。3期生。

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -



そして3期生の子。
淡い茶系の子です。
P7040075.jpg
手乗りに育てたくて
2羽とも差し餌で育てたのですが
見事な荒鳥になってしまいました😭

⑥ 3期生 No.2


最後はこの子、チョコバナナ。
P7040084.jpg
他の2羽の黄色系の子たちとは
また違った配色で、模様からすると
1期生の白茶ブチの子に似ているかもしれません。

これで今期のカナリア雛の成長した子たちを
全員ご紹介しましたが、
1羽もお父さんと同じブロンズ色の子がいないのは
お母さんが色変わり種だからなのでしょうね。

もともと、カナリアは赤や黄色の
単色が好きでしたが、
見慣れると、色や模様が個々に違って
とても興味深いし、美しいなあと
最近はすっかりこのカナリアさんたちに
魅了されてしまっています。

ご両親の相性が良いのでしょうね、
丈夫で健康な子供達に育ってくれています。

しかし、やっぱり、
あんまり綺麗じゃないかもだけど
唯一、手乗りでいてくれている
このハヤトの可愛さは特別なのです💓
P7040101.jpg


続きを読む

49日

人間界の道理に習って言うならば
今日はびっちゃんが逝ってしまってから
49日です。特に特別なことをした
わけでもないのですが
先日、お骨壷で眠る他の仲間の子達と
一緒に安置したので、いつも通りに
今朝も手を合わせました。
IMG_1872.jpg
まだ、もう少し思い出を綴るには
時間が必要かな。
IMG_1864.jpg
今回はHPの追悼ページでのびっちゃんの
登場はもう少し遅くなりそうです。

お盆に間に合うか、もしくは
お盆に帰ってきてもらって
再び送った頃には気持ちの整理が
更に整っていればいいけど‥と、思います。

2017.7.3 合掌

続きを読む

時計が好き

先日、某お店でこんなに可愛い時計を見つけました。
IMG_1388.jpg


思わずお持ち帰りしてしまいそうになりましたが
カラフルすぎるかな、とも、ふと思い
その日は見送りました。

帰宅しても数日、気にはなっていたので
他の色はあるのかしら?なんてちょっと検索してみたんですよね。
IMG_1590.jpg
そしたら、あったんですよね、白いの。
思わずポチってしまいました😅


必要ないものなのに、それを見ると反応してしまうツボが
誰にでもあると思うのですが、私にとっては時計はツボなようです。

どれだけ時計、好きなんでしょう😅

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -



そして、家人たちに遅刻しそうなくらい
時間がわかりづらいことを叱られそうです😅

続きを読む

雅な新入りさんたち

この子たちもご紹介が遅れました。
P6090262.jpg
ブリーダー様から譲り受けた
コキンチョウさんたちです。
真ん中の子だけ別腹の子で
両端の子は兄弟とのことです。
P6090271.jpg
一時は我が家にも何羽か胡琴さんたち、いてくれていたのですが
お譲りしたり、逝かせてしまったりで
だいぶ居なくなってしまいました。
P6090270.jpg
また、コキンチョウはとてもデリケートで
飼育している時も、難しい印象しか覚えておらず
きっと、もう2度と迎えることはないと思っておりましたが
P6090277.jpg
我が家で生まれたNちゃんが寂しそうでしたし、もう一度だけ胡琴さん、
挑戦してみようと…
ご縁もありましたので迎えるに至りました。
P6090279.jpg
ダイヤモンドフィンチのシルバーくんの故郷でもある
ブリーダー様ですが、このお方の鳥さんは本当に素晴らしいです。
P6090244.jpg
体格は良い!というわけではないのですが
ボディが引き締まり、骨格もしっかりしているように思います。
我が家で生まれたNちゃんとMちゃん、どうも虚弱で
雛時期の差し餌の内容が悪かったのかなあ‥と反省しきりです。
P6090237.jpg
まだ、差し餌1日3回くらい必要な時期のお迎えで
しかも、寒い時期でしたので
とても気は使いましたが、
P6090238.jpg
元気に育ってくれています。
色が出ている子は、雛餌はほとんど終わっていて
まともに給餌していませんでしたが
怖がることもなく、今でもとても懐っこいです。
P6090217.jpg
この子は一番末っ子で、雛餌離れが遅く
膨れることも多かったので、若干心配しましたが
なんとか巣立ってくれたようでホッとしました。

雛時期の画像はこちらにまとめていますので、
お気が向かれましたら。
P6090206.jpg
色の出ている子はNちゃんと同じノーマルっぽいですが
他の2羽はブルー系で初めてなので
今後の色の変化が楽しみです。

誰か1羽、女の子が居てくれると良いのですが
ボディランゲージの様子から、
なんとなく、全員男の子のような気がします。

ブロンズカナリア3期生 雛


びっちゃんのこともありましたし
自粛の気持ちもあり、ご紹介が遅れました。
この春は繁殖は見送ろうと思いつつ
子育て上手なブロンズカナリアペアさんに
任せっきりにしていましたら
2期生は立派に育て上げ
うっかりしてたら3期生まで生まれていて…

びっちゃんの看病をしつつも
新しい命にも正直、励まされていましたし

先に生まれていたハヤトもとても可愛くて
もう数羽、手乗りのカナリアさんがいればいいな、なんて。
P6090046.jpg
そして攫ったこのふたり。
P6090001.jpg
2期生に似たような感じの色の子もいますが
P6090017.jpg
この模様とカラーの配分具合は初めてです。
体格も良く、美しい子に育ってくれています。

この子はハヤトを全体的に薄くしたような子です。
P6090023.jpg
カナリアといえば赤かレモンのイメージが強いですが
P6090031.jpg
この色合いは新鮮で、お顔がなんだか優しく見えたりします。
この種のカナリアさん、本当、お顔がかわいい気がするんですよね。
P6090068.jpg
名前は決めていません。
P6090051.jpg
2羽で育てたせいなのか、はたまたこの子らの持って生まれた性格なのか
定かではありませんが、見事に手乗り崩れと化しました。
P6090081.jpg
雛まんま、ちゃんとあげていたのにね。
P6090092.jpg
足輪も装着したのにちょっと残念ではありますが
P6090074.jpg
元気に育っていて何よりです。
これからもよろしくね。


続きを読む

google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ