FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぐれもの。

鳥さんと暮らす中で
これはもうちょっとなんとかならんのかなあ‥と
疑問に思う飼育用品や飼料、その他諸々の雑貨など
いろいろと思うことはあるのですが
昨年通して、これはよかったかもしれない、と
実感したものを記載してゆきたいと思います。

まずは、お馴染みですがサンコーさんの『ルーミイ』
rumi.jpg
我が家ではウズラさんや雛鳥の巣立ちまでと、
生後1年までの繊細さんたちや
体調不良の療養室として年間通して大活躍です。
コキンさんは温度管理を誤ると、
本当に体調をすぐに崩しやすいので
雛時期から翌年の初夏までは、
このルーミイで飼育してみようと決めていました。

止まり木をどうしようかと、ちょっと悩みましたが
突っ張り棒に麻紐ぐるぐる巻きにして
縦方向2本渡せばフィンチの重さでしたら
無理なく使用可能です。

小さい方は大きすぎず小さすぎずで
良いサイズかとも思うのですが
ハムスターには丁度良いかもですが
鳥さんにはちょっと小さいかも💦って感じです。

看病用としては保温の管理がしやすくベストなサイズかもですが。
また、クリアなのでよく見えるし大変ケアがしやすいです。
守られてる感があって飼い主的にも安心しますし
鳥さん的にも、いろんな鳥種に入ってもらいましたが
嫌がってる感はない感じがします。
実際、声が聞けるわけじゃないので定かではないんですが😅
分割式なので、水洗いするのも手軽にできますし
餌の飛び散りもかなり減り、全部の鳥さんをこのケージで
飼育したいとさえ、最初のうちは思いましたが。
通気性の面ではやはり不安感はあるかなあ。

そしてやはり健康な鳥さんには手狭だな‥ということで
大きいサイズも使用してみました。

が、なにしろこれが今度はデカイ💦
中間サイズ、ないんか?と。本気で思います。
そして、なぜか、小さいサイズの方には
空間分割できるセパレートパネルなるものがあるのに
大きい方にはまだ設定ないんですね💧
31zYbXKuaeL.jpg
デカイ方にこそ、欲しいんですよ、サンコーさん。
そうするとフィンチのペアリングの時や
ちょっと隔離したいときとか本当に便利だと思うんですよね。
是非ともお願いします。
あとは、ちょっと壊れやすいんで取り扱いは優しく‥ですかね。

でも、あと大きい方が2〜3個あっても良いかなってくらい
使い勝手は良いと思います‥スペース的に難ですが😅

それから調子悪い子ちゃん前提ですが
保温はパネル式にしています。

このパネルヒーター、普通のケージですと
当然ながら空間は密封されていませんし
なんとな〜く心もとない感じがするのですが
ルーミイのような割と外気の影響を受けにくい
空間のあるものに関しては俄然威力を発揮します。
さすが爬虫類用です😅
pitari2.jpg
天井部には長い方を置き
pitari1.jpg
下は半分だけ温まるように小さいサイズを。
小さいルーミイに健康な子を‥の時の保温には
どちらか片方だけで充分だと思います。

先日、体調崩したコモンの灯ちゃん、
コキンの小夜さん、秋草の草太も
ルーミイさんとピタリ保温さんのお世話になりました。
空間全体がやんわりと暖かかくなる感じで、
火傷の心配もなく天井部のワイヤー隙間で
温度も湿度も調整しやすくおすすめです。

比較的軽いので複数ある場合は
重ねられることで、一枚のパネルヒーターでの保温が
省スペースに取れるのでありがたかったりします。
ただし、強度は頼りないので
重ねるならせいぜい2個程度に
止めといた方が良さそうですが。

あとは、日光浴がしにくい住環境ゆえ、
生後1年までの間に、せめて少しでも
お日様から得られる効果をUVライトなるもので‥
と願い、午前中の、または1日のうちの15分前後は
照射するようにしています。
uv1.jpg
これも小さいルーミイ用と
uv2.jpg
大きいルーミイ用で分けてますが
使用しているライトそのものは変わりなく
両方とも1灯のみなので、効果のほどは微妙ですが💧
何もしないよりはいいかな、と。

あとは、これ。
scatt.jpg
ベタファーム社のScattです。
恩師から教えていただきました。
カナリア、コキン飼いの必需品。
毛嚢ダニに効果的です。
カナリアちひろとコキンのNちゃん
が劇的に快復しました。
もっと早くこの良薬の存在を知っていれば
亡くさなくて良い命もあったかと思うと‥悔やまれますが
春と秋の2回、カナリアやキンカ、
コキンさんに塗布するようにしています。

他にもいろいろご紹介したい優れもの、
あるにはあるのですが、それはまた、次の機会に。

今年の秋はルーミイでコキンの繁殖が実現できると良いのになあ‥
大きい方ならつぼ巣も余裕で配置できるし
高温多湿を好むコキンさんですし、
手乗りで人慣れもしている
シグレ、ワカ、サヨさん達ならば或いは‥
なんてぼんやり考えていたりするかいぬしです。
関連記事
スポンサーサイト
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。