カナリアの歌

カナリアの飼育を始めて
このもうすぐ3年です。
赤カナリアから始まり、レモン、巻き毛、ブロンズと経て
赤、レモン、ブロンズは何羽かの雛に会うことができました。
残念ながら巻き毛さんはまだなのですよね‥難しいです。

私の飼育が下手くそだからだと思うのですが
赤とレモンのカラーカナリアと呼ばれる種に関しては
色を綺麗に保つのが至難の技です。
うちの赤カナリアは、色あげ飼料をやめてしまったので
燃えるような赤だった赤城くんはすっかりシャケのような
薄いオレンジになってしまいました😅
仕上げてくださったブリーダーさんに申し訳ないです😭
『スーパーレッド』という着色飼料を適期に与えるのですが
なんとなく体に悪い気がして、避けてしまっています。
‥しかし、元気です!

カナリアの魅力はなんと言ってもその歌声です。

カナオくんの声が中でも一番好きです。


それからTwitterやInstaではすでにご紹介済みなのですが
昨年生まれたブロンズカナリアの雛たちが
立派に成長してくれまして、最近、歌い始めました。
まだぎこちなさはあるものの、フレーズというか
旋律のような‥ちょっとうるさいかもですが
よろしければ聞いてあげてください。

お歌13

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


この子たちの兄の『ハヤト』も、
最近、歌い出してはくれているのですが
キンカさんの男歌を覚えてしまったようで😅

ハヤト、それはカナリアの鳴きじゃないよ💧キンカの男歌じゃ😂

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


鳥って本当にものまねをするのですよね。
しかし、カナリアは独自のメロディーがあると思っていたので
ちょっとびっくりです。でも、そんなハヤト、可愛いです😅

お歌12

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


ところで、この子たちの品種のことなのですが💧
いまだによくわかりません。
シュラくんとシュリちゃんのお子達なのですが、
ブロンズカナリアのシュラさん、その色変わりのシュリちゃん...
とのことなんですが、カナリアさんの品種って
カラーカナリアとスタイルカナリア(巻き毛)以外の定義が曖昧というか
‥いやいや、私の勉強不足なだけだと思うのですが
本を見ても本当にわかりにくくて💧
シュラくんはお迎えどきはそりゃあ、もう、美しいブロンズだったのですが
先にも記しました通り、色あげ処理を施さない不精な飼い主ゆえ、
シュラくん、すっかり子供達の中に胸元が黄色っぽい子がいると思うのですが
その子とほとんど変わらないほどに、茶色っぽくなってしまいました😅
色あげをしてこそのブロンズなのですね。

ワイルドベースにリザードやローラーがちょっと入った感じですか?
あれ?違うかな‥グロスターカナリアとはまた違うのかな??
ローラーはもっと声が低音なので鳴き声は違いますね。
‥しかし、この独特な野性味あふれる縞模様、私は好みです💓
梵天なんかいたりしたら最高ですね(*^^*)
それに、なんだか、体格もいいしタフな種なような気もするんですよね。
本当、この種というか、パパとママの遺伝子がすごいのか
定かじゃないですが、孵化率ほぼ100%、育雛も全員順調で
亡くなった子がおりませんでした。素晴らしい!

ハヤトくん、この弟の真似しようよ

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


みんなで競い合うように歌われますと
ちょっとだけ(かなり)うるさい💦ではありますが
カナリア、素晴らしいですよ(*^^*)
足が長くてちょっと猛禽スタイルなのがお気に入りです。

いつかはパリジャンなんかも憧れます💓
カナリアは奥が深くて、カナリアオンリーに
なってしまう方々の気持ちもすごくわかるような気がします。

YouTubeなどで検索していただくと
世界中の賢く美しく美声なカナリアのお歌が
たくさん聴けますよ。
興味のある方は是非💓💓
関連記事
スポンサーサイト
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ