FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキクサインコたちの巣引き

秋あたりから兆候はあったのですが、
もう少し体力をつけてほしいし
1歳過ぎてしばらく経ってから‥と
早くても3月初旬あたりから設置しようと思っていた
ルビノーペアの巣箱ですが、
昨年秋ごろから別居させても、
気を散らそうと放鳥させっぱなしにしても、
どうにもぽこぽこと卵を産んでしまう伊勢ちゃん。

若いふたりはまだまだ本気になれないようです😅

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


有精卵もいくつかあったので、リトルママに投入したり
草太に托卵をお願いしたりして、せっかくならば
生まれてきてほしいと願ったのですが
やはり、人工孵化器では、何かが違うのでしょう、
途中で中止卵になってしまっていました。
温度湿度の管理など、
飼い主の不甲斐なさゆえのことだと思います。
鳥たちに申し訳なく思っています。

草太の抱いてくれていた子は1羽だけ孵ってはくれたのですが
孵化後、なのか、孵化前にすでに、なのか、定かじゃないですが
草太が悲しげな声で泣いているので慌てて見に行くと
冷たくなった雛ちゃんが‥。

ソウちゃん、大丈夫そう。 ひと安心ですが、念のため病院行こうね🏥

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


悲しくて残念な事ではありましたが
頑張って長い期間、温めてやっと孵った他鳥の子、
それでも可愛い自分の子のように悲しみを露わにしている草太。
独身なのに母性の強い草太。
女の子なのにソウタと名付けられてしまった草太。
もう7歳なのに、初の孵化を他鳥の卵で経験してしまった草太。
戸惑いつつも本当にがっかりした感が全身に漂い、
立ち上がるのもままならないほどに消耗して疲れ切って
ボロボロになってしまったソウちゃんのことが、
愛おしくてたまらないと同時に本当に心配で
すぐに個室に移しました。

最初の2〜3日は止まり木にも止まれないほど
足腰ガタガタで底面でじっとしている時間が多かったのです。
床ずれ起こした患者さんのようなものなのだろうか‥
それに寝たきりだったのときっとほぼ変わらない状態で
数十日ですから、筋力なども相当弱っているのだろうな、
という感じでした。
しかし、そんなソウちゃんでしたが‥

ルーミィと保温とアミノ酸の威力、すごい。

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


3日もすると、止まり木にもとまれるようになり

ソウちゃん、 元気になった💓

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


1週間もすると、走り回り始め、
いつものソウちゃんに戻ってきてくれました。

前回もお産がらみの心配事。
今回もそうで、本当に女の子は大変です。
産気づいた女子がたくさんいると
飼い主、気が気じゃなくて禿げそうです😭

夜になると巣箱から出て来てしまう伊勢ちゃん😓

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


元気になると、なんだかまたソワソワし始めている
草太の気を散らすのが大変な今日この頃ですが
本気でもう、やめてもらわないと危険です。

アキは全くと言ってもいいほど
発情とは無縁なのに、ソウちゃんは‥。
イオリがその気になってくれればまだ、
巣引きに踏み切れたのに。
ソウちゃんには興味ないんですよね😭
アキのことしか追いかけ回しませんし、
求愛もしないイオリくん💧
うまくいかないものです。

さっぱりした?

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


水浴びしている場合じゃないですよ、イオリくん。
お隣で暮らす、ソウちゃんに
もう少し興味を示してあげてください。
しかし、アキも草太もそしてイオリも7年経過し、
もうアダルトな鳥さんたちになってきているので
強制的に巣引きに促すことはしません。
繁殖は命がけのことですから。
このまま穏やかに、放鳥中に良い距離感を保ちつつ
平和に長生きしてくれることが何よりです。

さて、伊勢と日向のことに戻りますが、
巣箱を入れると、数日ですっかり巣箱の使い方が解り始めたようで
2羽で出たり入ったりを繰り返し、しかし、卵はケージの床に産み‥
みたいな日々がしばらく続きました。
見かねて飼い主が産み落とされた卵をその都度、
巣箱にそっと置いておきましたが
3個目あたりから、巣箱の中で産み始めたようで
数日前から日中は一生懸命、伊勢さんが温めているようです。

このままうまくいくと良かったのですが、
伊勢さん、夜になると巣箱から出てきてしまい
それっきり入る気配がありません😭

日向が中へ入って温め続けることを促すのですが
‥頑として入ろうとはしません。
夜間で巣箱内が暗くて怖いのかなあ
‥とも思ったりもしたんですが‥
電気を明るめに灯そうが、戻ってくれる気配はなく‥💧
伊勢ちゃん、頑固です😭
しかし、ちょっと思ったんですが、
そうですよね、伊勢ちゃん。
『夜間は日向が抱いてくれたらいいんじゃね?』ですよね?
雌が通しで抱卵する鳥さんも多いですが
伊勢さんはきっと分担制がポリシーなのでしょうね。
鳥さんもそれぞれ個性があり、こればかりは仕方がないですね。
ふた晩ほどこんな日が続いてるので、もうダメかと思いつつ、
昨夜、念のため検卵はしてみたのですが
一つだけ有精卵がありました。
でも、巣引き中ずっとこんな感じですと、
おそらく中止卵になってしまいそうです。
もうしばらく様子は見てみますが、
伊勢の体調を見計らい、巣箱、環境の見直しをしつつ
仕切り直しをしなくてはいけない感じです。
伊勢の体が第一なので、早いとこ止めさせて
充分に休養させたいのが飼い主の本音です。


ダイヤのアイちゃんとシルバーくんの卵は
残念ながら全て有精卵ではなかったようです。
今回はペアを変えたせいなのかは不明ですが
久しぶりに本気なアイちゃんが見れたので
残念ではありますが、頑張ってくれていて愛おしいです。
やはり、人間側の思惑通りに簡単なものではなく
どちらにしても、生まれる雛は生まれますし
無理な時はどうしても無理なのだと思います。
こればかりは飼い主が躍起になっても良い方向にはいかないので
鳥たちに任せます。ただ、人ができるケアによって
生まれやすくなる命があることも事実だとは思うので
経過の観察と試行錯誤は引き続きしていきたいと思います。

※キンカチョウとカナリアの巣引きについて
お問い合わせが多かったのですが、今季は羽数が増えましたので
見送らせていただきます。申し訳ありません。

関連記事
スポンサーサイト
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。