ダイちゃん病院

少しお久しぶりになってしまいましたが
久々の更新が、また、心配事で心苦しいです。

実は1週間前くらいから、ダイアモンドフィンチの
ダイちゃんが飛べなくなりました。

前日まで、元気に飛んでいたのに、ある日突然、っていう感じでした。
頭に竿毛があったり、換羽らしき感じはしていたので
換羽がうまく進んでいないせいかな?と思いつつ、
ご飯もよく食べ、弟のヒカルにもちょっかい出す様は
いつもと変わりない様子でしたので、そのうち飛べるようになるだろう…と。

しかし、一週間ほど経過しても
飛べるようにはならず、風切り羽もボロボロで
心配で何かの病気では??と本日病院へ連れて行きました。
IMG_0692.jpg
本当は何かの病気ならば、いつも一緒にいるヒカルも
移ってしまっているかもしれないので、2羽同時に連れて行こうかとも
思ったのですが、どちらにせよ、お互い負担がかからないために
個別で連れて行こうと決めました。

プラケースで不安げな…しかし、いつも通りにも見えるダイちゃん。
プラケースに入れる時にちょっと握ると
なんとなく肉付きが落ちたかな?更に心配になりました。

ボサボサした羽ではありますが、頻繁にバサバサ抜けるわけではなく
風切り羽にストレスラインのような感じに見える部分もありますが
うまく生えてきていないのであれば、何かしらの病気だと思いました。

びっちゃんを失ったばかりなので、心配値はピークでした。
今日、連れて帰れないかも…なんて覚悟もしていましたし。

先生に事情をお話しし、触診や検便もしていただき
爪も切っていただき…その結果は特に病気ではない、との事でした。

羽は生えてきているが、自分で羽繕いで
ボロボロにしてしまっているのでしょう、との事。
あまり羽繕いしている場面は見ていないのですが、
日中、家にいない事も多いので、その時にしているのかな?
それと、やはりなんらかのストレスではないかという説も…。
インコさんで言うところの『毛引き症』か?

ストレスといえば、手の中にいるのが好きに見受けられたので
寄ってきたら握ったり乗せたりはしていましたが、
ここ数週はびっちゃんの事もあり、ストレスや
発情を促す恐れがあるので、お触りは禁止していました。

以前の触られすぎに今になってストレス羽が出たか?
それともここのところ、
びっちゃんの看病や、ピンクさんたちや、新しく生まれたカナリアさんや
胡琴さんにちょっとかかりきりだった?

触られっぱなしの子たちが、いきなりお触りなしでも
逆にストレスになることなんてあるんだろうか?

確かにダイとヒカルは親鳥の顔も見たこともない段階で
人口給餌だったので、他のダイヤモンドフィンチさんたちとは
全く懐き具合が違います。まるで
『人間の仲間だぜ、俺ら。』
くらいに思ってるかもしれません。

だけど紛れもなく鳥ですからね。

しかし、放鳥はダイとヒカルに関してはカゴが狭いので毎日
規則正しくしていたつもりなのですが…
…構われすぎても放置されすぎでも
ストレスになってしまうのかな…
ごめんね、なかなか上手に
管理できない飼い主です。

そして、『ハバキ』これも気になっていました。
痛風かな?と思うほど、ちょっと止まり木に止まる時や
水浴び時に足が水に濡れると痛そうなそぶりも見受けられたので
こちらもすごく心配してました。
内臓に異常があると出やすいと言いますし。

いずれの症状もヒカルにはないんですよね…
目方はヒカルのが更に重いので
引き続き気をつけなくてはですね。

ダイちゃんのカピカピしたあんよ、
先生がお薬を数的垂らし、
綺麗に取ってくださいました。
ぺりぺりと皮がめくれるように
むけて行きました。

人間でいうところの角質なんでしょうか?
いずれも代謝が悪いと起こるし
放置しすぎてもっと固くなると
足も悪くしてしまうこともあるので
侮れないとの事です。
カナリアがなりやすいので、
ハバキが出たらすぐに連れて行こうと思います。


処置前を撮っていなかったのでわかりにくいですが
だいぶ綺麗なあんよに戻りました。
よかったね、ダイちゃん。
IMG_0689.jpg
気になっていた体重ですが、27g。
変わっていません。それどころか、
先生にお腹をめくって見せていただきましたが
黄色い脂肪が…💦
太り気味…いや、肥満ですね。
発情過多が怖いので虫入りエッグフードも
ほんのわずかを週に数回しかあげていませんでしたが
発情防止には有効ですが、たんぱく質(アミノ酸)が
不足してくると補おうとするために、
たくさんシードを食べてしまい
それが肥満につながるとの事でした。
アミノ酸のサプリをいただいてきました。
他の鳥さんにもあげてOKとの事でしたので
お願いして、少し多めに出していただきました。

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -



帰りの車内でだいぶホッとしてるダイちゃん。
暴れるわけでもなく、淡々と診察を受けてくれました。
体重もさることながら、肝が座っております😅
dai1.jpg
でも、やっぱり少し怖かった?
dai2.jpg
そして、ちょっとくたびれちゃったかな?
IMG_0690.jpg
アミノ酸、早速食べようね。

『もう…散々だったでござるよ』

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -



ひとまず、よくぞご無事で。
先生、ありがとうございました。

おかえりなさい。
健康が一番大事だね。

帰ってきたダイちゃんにヒカルがうぃんうぃん言ってたよ。
いつも一緒のお兄ちゃんが居なくなっちゃって
弟なりに心配していたのかもしれないね。
hikaruheiki.jpg
区別がつかない…。
飼い主的にはヒカルくんの方がイケメンだと思うんですよね。
びっちゃんの事もあり、
喪に服すと言うつもりでHPやblogの更新は控えていました。
もっとも、SNS(TwitterやInstagram)などでは
新しく生まれたカナリア雛や胡琴雛の様子などの
お伝えはしていたのですが、なかなかびっちゃんの事が
後を引いている感じはします。そして、そうでなくては
いけないのだとも、思います。
49日頃までには、びっちゃんの供養の様子を
お伝えするかもしれません。

ご心配してくださった方々に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ