シロとチャコ

すごくすごくお久しぶりの登場ですが
今日は今年6歳を迎える文鳥夫婦の特集です。

雛からペアで迎えて、今日まで本当に仲睦まじい夫婦です。

P5080466.jpg
シロくんは文鳥さん兄弟の父で、
真っ白が自慢の白文鳥ですが
P5080465.jpg
白文鳥は我が家は4羽もおりますので
P5080464.jpg
若干、見飽きた感が…いやいや、失礼。
大変美しい白文鳥です。
瞳が大きく、とても優しい表情をしています。
P5080463.jpg
シロくんは、きっと優秀な遺伝子をお持ちなので
P5080461.jpg
この子の子孫たちはみんな体格良く
丈夫で里子にお迎えいただいたお子たちも
みんな元気とのことで、
とても、嬉しいです。
大切にしてくださっている、里親様方、有難うございます。
引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。
P5080460.jpg
さて、このシロくん、文鳥界ではきっと好まれるオスなのでしょう。
P5080458.jpg

独り身のサクラがずっと片思い中ですが、シロくんは奥さん一筋の素敵な殿方です。
P5080459.jpg
シロは本当に真っ白で、文鳥三兄弟には
ちょっとだけ斑が入っています。
とは、いっても、風切羽根のところにほんの少しだけ
グレーだったり、真っ白の子もいるので
全員放鳥すると、…わからんです💦
P5080457.jpg
ただ、やはり奥さんのところにすぐに行きますから
文鳥は行動で見分けがつくことが多いですね。
なんだか、本当にいろんなものを見てきて
いろんなことを感じて、学習しながら成長している気がします。

こちらは、奥さんのチャコです。
P5080475.jpg
この約5年の間に、何度か子孫を残してくれた
子育て上手の美人さんです。
P5080474.jpg
とは言いつつも、ほっぺに食いしん坊な痕跡が…。
P5080473.jpg
青汁くっつけすぎ。
美人さんが台無しですよ。
P5080472.jpg
あ、ちょっと恥じらいましたね。
P5080471.jpg
せっかくですから、この後お風呂に入りましょうね。
P5080470.jpg

少し前に、巣引きを仕掛けていたのですが、
今年はなぜか2個だけ産んで、途中でやめてしまいました。
P5080469.jpg
文鳥さんのつぼ巣を切らしてて、
コキンさん用のトックリ型でごまかそうとした
飼主のせいかもしれませんね。ごめんね。
P5080468.jpg
でもね、そろそろ初老を迎える頃かな…いやいや、まだまだ現役なのでしょうけど
昨年、ギンさんを亡くした事もあり、
中止してくれて、少しホッとしたりってのもあるんだよ。
P5080455.jpg
自慢のシナモンフェザーも
すこ〜し、お疲れ気味ですし。
P5080454.jpg
まだまだ、これから。
できるだけ長く、一緒にいてくださいね。
P5080453.jpg
他のフィンチさんやインコさんにかまけて
P5080452.jpg
あんまり放鳥していなかったので
P5080451.jpg
画像もすごく少ない事、気になっていてね、
P5080450.jpg
今回は青汁つきっぱなしでも、いっぱい撮らせてもらったよ。
P5080449.jpg
カメラには慣れているみたいで
P5080448.jpg
意外と、シャッター音とか好きなのかな?
そして、すごく落ち着きがある。
文鳥というのは、経年とともに本当に環境に順応してくれますね。
P5080447.jpg

P5080446.jpg

P5080445.jpg

P5080444.jpg

P5080443.jpg

P5080442.jpg

P5080440.jpg

P5080439.jpg

P5080438.jpg

P5080437.jpg

P5080436.jpg
小鳥はとってもカメラ好き。
P5080435.jpg
このナルシストめ。

今年の冬も再来年の春も、その先もずっとずっとね。
元気で、一緒に居てくださいね。
関連記事
スポンサーサイト
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ