鳥かごについて

いつの間にか鳥さんが増えて
そうなってくると必然的にバードケージも
増えてくるものです。

悩みの種でもあるのですが
新しい鳥かごが、しかも初対面のものがやってくると,
ある種のトキメキのようなものさえ感じるように
なってしまって‥自分が心配になります(^^;)
家人はもっと心配しています(^^;)(^^;)
結局、好きなのでしょうもないです。

庭箱だったり、竹かごだったり
小さな鳥さんを一箇所にまとめて
住んでもらえる大きくてオシャレな海外製の
バードケージだったり…興味は尽きず
小鳥さんを迎えることと同様、
『鳥かご』を選ぶことは
飼主にとっても大きな楽しみになっています。

それでは、今回の新しい鳥かごとの出会いの記録です。
まずは簡易的な取説ですが…ほぼ参考にはなりません。
なぜならば…読めません。
IMG_6249.jpg
以前からずっと気になっていて
機会があれば次回は絶対これ、使ってみよう!と決めていました。
IMG_6215.jpg
海外モノはVigeon以来です。
Vigeonのように組み立てなくてはいけないのかな‥と
思っていましたが、もう出来上がった形で到着です。
IMG_6216.jpg
なぜ、このタイプにしたかというと
まずは、そこの部分の形状により
積み重ねが出来るのが
いい感じです←まだ増やす気でしょうか(^^;)
IMG_6218.jpg
そして、最大の理由が
以前から、仲の悪いペアや相方がちょっと調子悪い時など、
個室にしてあげたいなあ…という場面が多々あり
『仕切り』のついたケージを探していたんです。
しかし、なかなか無いのですよね、お手頃なのが。
ヒメウズラさんにはぴったりのがあったんですけどね。

そして、やっとみつけたこのケージ。
IMG_6219.jpg
『彼のこと、好きなんだけどちょっと今は開放して欲しいのよね』…的な
女子用には網タイプの仕切り、
『もう、顔も見たくないほど大嫌い!』な
鳥さん事情の場合には視界を遮断するパネルタイプのものと
2種が付属されており、気が利いています。
IMG_6220.jpg
ただ、止まり木に関してはプラスチック製のものが
2本付いていましたが、これはちょっとよろしくなかったので
木製のものに変えました。
IMG_6221.jpg
ゴハン入れも、奥行きが狭く
キンカやコキンさん、アフリカンフィンチあたりなら
小顔なので全然問題無いのかもですが
今回のお住まいになるのは…
hika.jpeg
この種の方達なので…なにしろお顔のデカさが…。
突っ込んでるサマも見てみたい気もするのですが(笑)
IMG_6222.jpg
大食漢なので(きっと)もう少し大きめのゴハン入れがいいな…と。
IMG_6223.jpg
あとは蓋が取れやすいですね。
入れ口はバネ式で挟んで押さえる形態なので
わざとそうなっている仕様なのかな。
IMG_6224.jpg
それから右左のそれぞれの側面に
やはりこちらもバネ式の小窓があります。
IMG_6226.jpg
こんな感じですね。
IMG_6227.jpg
付属のゴハン入れにはお水と青菜をそれぞれ
入れて使うことにしました。
ダイアは鳩みたいに、水を飲む時、
バキューム式に吸い上げますからね(笑)
インコちゃんやほかの鳥さんみたいに
下嘴ですくって上を向いて流し込む
スペースは要りませんね。
だからお顔、ちょい大きめでもだいじょぶかな。
http://www.live-bird.com/page330388.html#hokutomashirohokuto&mashiro

はい、そして入っていただきました。
少し落ち着かないかな…、慣れてくれると良いのだけど。


さて‥‥。
IMG_6237.jpg
この麗しい子たちは誰でしょう。

実は私の大切な大切な方からのご好意で
お譲りいただいた新しい家族です。

詳細は近日、HPのメンバー紹介にて
お披露目させていただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ