巻毛カナリア

ブログでのご紹介は遅くなってしまいましたが
昨年の夏に迎えていた巻毛カナリアのエヴァくんです。
P2107450.jpg
お迎え当時はペアということで迎えたのですが、呼吸器系に難があったのか
通院の甲斐もなく早々に逝かせてしまい申し訳ないことをしました。
おそらく、女の子の方だったのでは?と思っています…が、
エヴァくん、鳴かないんです、というか、2羽とも鳴き声を発していませんでした。
しかし、生殖器あたりに突起っぽいものもあるようですし
やはり男の子なんではないかしら?と思っています。
P2107452.jpg
残されたエヴァくんですが、現在、
同居中のレオンくんと毎日青菜の奪い合いをしています。

大柄のパリジャンなど愛好家の方のHPや海外の雑誌などで眺め
巻毛カナリアなるものに、憧れのような感情を抱いてはいたものの
実際に飼育してみると、なんだか無理な造形をしているような気がして
なんだか不憫ささえ感じたりして、最初の頃は本当に馴染めませんでした。
P2107476.jpg
しかし、いわゆる関東巻きと呼ばれるこの直立スタイルが
この種のカナリアの持ち味だということで
最近ではやっと見慣れて愛着が湧いてきています。
ただ、噂通りに止まり木がどうしても汚れてしまうので
毎朝、洗ってあげないと足が可哀想なことになります。

ところでなぜ、evaくんかといいますと…
o0450086712606016932.jpgP2107511.jpg
猫背だけど腰が引けてて足はピーンって長い感じがどことなく…。
P2107513.jpg
evaくん、いつもビクビクしてる感じがしたので
腫れ物触る感覚でつきあってきましたが
最近、止まり木洗う度にレオンくんと一緒に
脱獄癖がつきまして…。
意外にも楽しげな一面もなきにしもあらずなので
そんな時は無理に捕まえずに自分で
おうちに帰るまで黙認しております。

意外でしたが、ちゃんと、飛べます。
鳥さんなんですから当然なのかもしれませんが。
なんだか飛んでるイメージが全然ない鳥さんだったので
飛翔が気持ち良さそうでちょっと嬉しくなりました。
P2107492.jpg
見慣れると美しさもちゃんと感じられるようになりました。
しかし、デリケートな品種であることに間違いはないのでしょうから
注意しながら引き続きお世話していきます。


さて、このへばりついてる子は後から迎えた
関西巻きのレオンくんです。
男の子です。
キットウココ様からお迎えしました。
迎えて当日からよくさえずりますので
evaくんのホントにオスか?
疑惑が日に日に増している今日この頃です。
P2107483.jpg
関西巻きと呼ばれるレオンくんは
姿勢がエヴァくんとは違い、自然な前傾です。
P2107509.jpg

この姿勢の方が、やはり動きやすそうですよね。
見ている方も落ち着きます。
P2107510.jpg
レオンくんが来るまでは、止まり木洗いに
カゴを開けっぱなしにしていようとも
全く外へ出なかったエヴァくんでしたが
レオンくん、とても陽気でアクティブなので
エヴァくんもすっかり釣られて放鳥大好き組になってしまいました。
P2107487.jpg
しかし、落ち着きがないゆえ、
なかなか静止した写真が撮れません。
P2107453.jpg
ちひろのお母さんのレモンママにビッタリ張り付き
求愛するのが日課です。
P2107506.jpg
東京と大阪…鳥さんにも気質が出たりするのだろうか…。
関連記事
スポンサーサイト
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ