チロさんとミユキさん

今秋のフォーンペアの子とイザベラペアの子の一期生である、
チロさん、ミユキさんの近況です。

チロさんはもっと雛の時は黒ほっぺが濃かったので
絶対に男の子だと思っていたんですが…またしても見誤りましたかな、
なんとなくcheekが薄くなってきたような気が…。
しかし、さらに初代ぷーこさんに似てきて日増しに情が増していきます。
ちょっと落ち着き無いけど可愛い子です。
IMG_4237.jpg
それから、今季の一番心配している子、
イザベラペアから唯一生まれてきてくれた白い子。
イザベラっていってもフォーンチーク同士の掛け合わせなので
やはりいろいろ情報はご教示いただいていたんで
心配はしていたのですが、やはり脚に障害のある子が出てしまいました。
親鳥の出生は判らないのでもしかすると血が濃い家系だったのかもしれませんし
まったくの遠縁同士のペアだったのかもしれませんし…こればかりは
生まれて育ってみないと解らないものですね。
IMG_4225.jpg
『グー』に閉じられた脚で、それでも懸命に歩き回っているので
可哀想で不憫に感じます…しかも、この子は育ち具合も
他の子よりも遅いようで未だに差し餌をほしがりピャーピャーと
日に4回ほどねだるので、少しずつあげています。
手間がかかるほど可愛いといのも事実なので、
この子に関しては本当に言いなりです(^^;)
飼い主のエゴで誕生させてしまった‥しかし大切な命です。
できる限り他の子と変わらず、いえ、
それ以上の執着をもち生涯お世話していきます。

救いなのがチロさんですが、キンカさんの特徴を思えば
幼い今の時期の期間限定かもしれませんが
脚がちょっと不調なミユキさんを気遣う素振りを見せてくれるんです。
なんか、親になったつもりなのか、小さなキャリーケースで
現在は同居してるんですけど吐き戻してご飯をあげる
素振りが見受けられ驚きました。
まあ、チロさんの本意はわかりませんが、
気を使っているのは確かだと思います。
そして、ミユキさんも脚のせいなのか少し遊ぶと疲れるらしく
すぐに飼主の手のひらに包まれるのが日課ですが、
チロさんも潜り込んできたりしてとても仲良しです。
もう、お互いを必要としている感じがなんだかとても優しげな2羽です。

IMG_4465.jpg
願わくば、いつまでもこんな感じで仲良しな2羽で居てもらいたいものです。

この2羽の様子を動画にしました。よろしければご覧いただけると幸いです。

関連記事
スポンサーサイト
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ