たくさんのCFW

いろいろな諸事情もありましたが
今年はダイヤをはじめ、その他のフィンチさん、
カナリアさん、そして初挑戦のジャンボセキセイさんなど
どの種の繁殖もさっぱりでした。

鳥さんの家族も増えてきていますゆえ、
セーブしなくてはという気持ちが飼主側にあったのも事実ですが
ダイヤさんはもう少し雛ちゃんが誕生してくれてもいいのにな💓
なんていう期待はなかなか実現しないものですね。

そんな折に年明けから絶好調だったチロとミユキくん。

ずっと室内で野生化しておりましたし
そこぶる生き生きしていたものですから
今更、カゴに閉じ込めるのも気が引けて
寒くなるまでは…なんて呑気に好きにさせていたんですよね…。

なんか巣立ったばかりの子らしき物体が。
PB220015.jpg
先月の中旬あたりだと思うんですが
…生まれてたんですねえ👈めちゃ他人事ですが💦
PB220023.jpg
確かにね、雛声はしていた。
確かに確かに、チロとミーくん、『ご飯足りないよー!!💢』とでも言わんばかりに
なんどもなんども飼主の近辺にパタパタ飛んできて訴えてもいました。
PB220026.jpg
いそいそとご飯を補充しては…元気に育っているのね。
この声からすると2〜3羽かしら?なんて、本当に呑気に構えていたんです。
PB220032.jpg
慣れって恐ろしい。
こうやって増えていくんですねえ。
お外の野鳥さんたちも😅
PB220034.jpg
しかし、私は個人的にCFWとBCとイザベル系、白系のキンカさんが
大好きなので、増えるのならばそれもよし。
相性考えてカゴ分けすれば良いのです。
PB220037.jpg
頰にも色が出てきていますね。
PB220036.jpg
お家がないので、まだヤシの実の寝床でみんなでムギュッと詰まって寝ておりますが
PB220038.jpg
そろそろ、お家に移動させなくちゃなあ…なんてぼんやり思っています。
PB220041.jpg
全く飼主と接触ないまま、ここまで大きくなっちゃった雛ちゃんたち。
チロも、ミユキくんも本当に良き父母です。
すばらしいなあって思います。
今期、何度かの出産、育雛を経て、
この子達だけで育て上げた子達の2期目ですが
前回も今回も1羽の雛も落としていません。
PB220045.jpg
そして、幸運にも脚弱のミユキの症状や
フォーンチークペアに見られた全盲の子(この子はこの夏に虹の橋を渡ってしまいました)
のような先天的な奇形種の子が1羽も出ることもありませんでした。
PB220050.jpg
チロとミユキくんは相性が良かったのかな。
PB220052.jpg
寒くなっても来ているので本当、そろそろ大部屋に移さないといけないんですが
PB240005.jpg
なんとも自由に楽しそうにしているので
PB240007.jpg
なかなか捕獲できずにいるダメダメな管理者です。
PB240016.jpg
こんな表情されると、もうほんと、お手上げなんですよね。
PB240028.jpg
頰が茶色っぽいチークのようですが
まだまだ色が変わってくると思うので
引き続き楽しみです。
PB240027.jpg
この子もこの段階では女の子っぽいんですが
前回の子も、数ヶ月後にはチークが出てきて結果男の子だったりしました。
PB240040.jpg
ミユキパパ。
子育てひとだんらくしたので
ここのところリビングによく遊びに来ています。
PB240051.jpg
チロも来ているのですが…なにやら巣のあたりをうろうろしていたので💦撤去撤去。
もう、本当にお休みしてくださいな。
チロとミーくんは今、新居を注文中なので
近日、そこに入居願おうかと思っています。
ちょっとかわいそうな気もするのですが
寒くなりますし、ゆっくりと休んで欲しいので。
PB240054.jpg
ミユキくん、相変わらず華奢な感じもするし
とてもか弱そうな子なんですが
PB240083.jpg
なかなかどうして、逞しい。
子供達がちょっかい出そうとしても貫禄で寄せ付けませんし
未だにやっぱり、チロさんと仲睦まじいです。
PB240086.jpg

PB240088.jpg
このブランコの子は、白キンカのままなのでしょうかね。
PB240104.jpg
前回の子も白キンカだと思っていたら
涙模様とチークが出てきたんですよね。
PB240111.jpg
ミユキくんに似た子がいい💓とリクエスト下さった方もおりますゆえ
どうか、真っ白な子も1羽くらいはいてくれるとありがたいんですが😅
PB240119.jpg
仲良しでいい感じなんですけどね、
PB240138.jpg
兄弟(または姉妹)なんだよね。残念だわね^^;
PB240140.jpg

今季だけで 10羽以上の雛ちゃんを誕生させてくれたチロちゃんとミユキくん。
野生にキンカペアがいたら、こんな感じで繁栄していくんだろうか?
それともやはり餌の与え方、温度管理の不甲斐なさで
無理させてしまっているのだろうか?
脚弱のミユキが子孫を残してくれるのが嬉しくて
このままこの子は好きにさせてみようとは思ったけれど
さすがにちょっとハイピッチなような気もして。

まだまだ、子育てしたそうな2羽ですが
そろそろストップしてもらいます。
チロの体がすごく心配なので。

しかし、チロさん、なんとも丈夫で
数回の出産育雛を経ても痩せてしまったり弱ったりっていう感じではない。
好きにさせているからなんだろうか?
それともチロだからこそなんだろうか?

もしも、この放置飼いみたいなことが
鳥さんに都合いいのだったら
コキンさんとかダイヤさんとかアフリカンなフィンチさんたちも
ひょっとして、ひょっとしたりするのだろうか…。
まあ、現実問題、それはとてもできないことなんですけどね^^;
けど、こんなにもミユキ一門が繁栄するとは正直びっくりしているのですが…。
飼い方の選択肢を他の種に対してもいろいろ悩んでしまう経験でした。

さてさて、この子たちなのですが
前回のお子たちも何名かの新しい飼い主さんに
名乗りを上げてくださる方がいらして
何羽かの子たちは新居へ旅立ちました。
お受け下さった里親様、その節は大変ありがとうございました(*^^*)
しかし、今もなお、残留組もおります。
さすがにさすがにいくらCFW好きと言っても…ちょっと繁栄しすぎたかもしれません。
もちろん、全員、扶養することは出来るのですが
前にも記載しましたが、何しろチロ嬢とミユキ殿のお子たち、綺麗です!
親バカか?な気もしないでもないんですが…綺麗だと思うんですよ。

なので引き続きゆる〜く飼主様を募集中です。
まだ羽色もはっきり出ていないため
年明けして本来のその子色になってから、と、考えております。

また、当方仕事を持っているため
お迎えに来ていただける方、限定でお願いします。
詳細はお気軽にメール頂ければと思います。

では、また、この子たちの成長はブログにて記載していきます。
スポンサーサイト
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ