Mr.Jumbo

少し遅れてしまいましたが
新しいお仲間のご紹介です。
IMG_6871.jpg
先日の品評会で出会ったジャンボさん、ご縁がありまして
お迎えさせていただくことになりました。

威厳のあるこのお方は
実はまだお名前がありません…。
今の所、ジャンボさんとお呼びしていますが
もう少ししたらお名前が決まるかもしれません。

お迎え当日は品評会のあの日だったわけですが
まさか、お連れできるとは思ってはいなかったので
車で行ったわけでもなく、電車で
しかもカゴも袋も準備していませんでした。
品評会参加の方々に竹かごや袋をお借りして
早々に家路へ向かいました。

当日、お世話になりました方々に
お礼申し上げます。ありがとうございました。

いわゆる『衝動的』とも言えるお迎えでしたが
幸い我が家は鳥沢山ゆえ、空きのカゴもありまして
IMG_6776.jpg
とりあえずは、このケージに収まっていただきました。
IMG_6777(2).jpg
サンコー製の40ですが、フィンチやカナリアには
広々感がありますのに
IMG_6783(1).jpg
ジャンボさんには…狭いですな(--;)

我が家のメンバーに中型では美声さんやオカメさん、
アキクサさんもおりますが、
いずれも手乗りで放鳥時間があるため
みなさん、若干狭いケージがお住まいなので
ジャンボさんに見合ったカゴがないことに気づきました(遅い!)
他の子は放鳥どきに運動不足を多少なりとも解消している節はありますが
この、ジャンボさんは手乗りさんではないので
一番、気を配ってあげなくてはいけないことだったのに....。

しかし、4日ほど経過して、観察していましたら
1箇所に鎮座して、まるで置物のごとく
微動だにしない、まるでハシビロコウ化したような
ジャンボさんに、さすがにこれは動きたくても動けないのでは?
とか、いや、しかし、ジャンボさんてこんな感じなのか?
とか、何しろ表情が判りにくく戸惑うばかりの飼い主でしたが
飛翔力が高いこと、事前に『よく飛ぶよ!』との言葉を伺っていたこと、
お師匠様も狭いケージであることを、とても心配していらしたのもあり
遅すぎましたが急いで、『HOEIオカメ465』を購入しました。
IMG_6879.jpg

お恥ずかしながら、オカメちゃんがいるにもかかわらず
お初の465です。ユキちゃんもこちらのケージの方が良かったかもですね。
IMG_6881.jpg

実は個人的に一昔前の◯十年、
家型のHOEI製大型ケージを購入したことがあるのですが
とにかく大きく!重く!硬くて組み立てにくく!
無知故、屋根付きのものを購入したばかりに
移動どきに角が引っかかり、取り扱いずらく
すっかり敬遠対象となってしまっておりましたが…
IMG_6880.jpg

今更ながら、進化してたんですか?
いや、何十年も前からこんなに組み立てやすかったの!?
…と、正直驚きでした。HOEIさん勝手に使いづらいって
思いこんでたみたいでごめんなさい。
IMG_6882.jpg

扉関係もバネ式なんですね。
IMG_6884.jpg

しかもとても開けやすいです。
IMG_6883.jpg

これならば、日々のお世話もやりやすそうですね。
IMG_6885.jpg

あっという間に完成です。大きい!
IMG_6886.jpg

SANKO製のものと比較すると
さらに大きさが際立ちますね。
IMG_6889.jpg
早速、入っていただきました。
少しは広くなったかな…でも、これでもまだ狭く
繁殖したい場合は絶対に無理だとのことでした。

即座に飛翔をはじめられたジャンボ様。

はしゃいでおられるのか?‥‥羽ばたいておられる。
ホント、狭かったんだね。
ごめんなさい。

新居をご用意し、少し、新米飼主的にも安心してしまったのですが
これがいけませんでした。
ご飯もよく食べてくれていましたが
数日後から、ご飯入れの上に座ることが増え、
気にはなっていたんですが、そのまま見守り…
いつからかあまり動かなくなり…。

お迎え一週間後の朝のお掃除時に
気づいたのですが(遅い!)
ジャンボさん、そういえば排泄物体が異様に少なく
そういえば、お尻をフリフリする動作が昨日はやけに
見られたな…と思いつつ、すかさず覗くと
ジャンボさんの股間のそこには大きく固まった物体が!!


そして訴えるが如く、なんとも悲しげな声で
キュンキュン泣くので、慌ててつかませていただき
問題箇所を見させてもらいました。

羽毛が豊かなためびっちり貼り付き、蓋をしてしまっているようでした。
しかも、結構硬くなっている。
キンカやカナリアさんにもよくある症状で
いつもなら流しへ連れて行き、ぬるめのお湯で
洗って溶かし取って事なきを得ていたのですが、
今回はブツが大きすぎるのと、
私もジャンボさんもまだ人見知り状態で
意思の疎通が出来ていないので無理な事はしたくなく
お迎え検診も兼ねて病院で取っていただく事にしました。

病院へ向かう途中もキュンキュン可愛い悲しげな声で
泣くので本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら
できるだけ急いで行きました。

先生にお見せしたところ、
思っていたよりも症状が重いという事で
入院という大事になってしまいました。
とても心配でしたので、今回はお願いし
一週間ほどで、元気に戻ってきてくれたので
良かったのですが、これは一週間近くも
狭い空間に入れて、しかも硬く詰まるほどになるまで
気づいてあげられなかった飼主の責任です。
環境の変化、食事器具の変化、食事内容の変化+ストレスで
きっと大変不憫な思いをさせてしまっていたのでしょう。
本当にかわいそうな事をしてしまい、ごめんね。
IMG_7236.jpg
あの羽ばたきは、はしゃいでいるんじゃなく、
不満を爆発させた『怒りの舞』だったのかも💦と今更ながら青ざめです😥

今まで師匠様のところで快適に過ごしていたのに
こんな不甲斐ない飼主のところへ来てしまい、しかも、周りには
異種の鳥がたくさんいるわ、狭いカゴに押し込められた挙句、
ストレスで便秘になりいわゆる糞づまりを起こし、
最終的には病院で一週間も過ごす羽目になるとは…。
当のジャンボさんからしてみれば数週前には
皆目見当もつかなかったでしょうね。

いやいや、ジャンボさん、人間でしたら
私、訴えられてしまうレベルです。
本当に今回はいつにも増して猛反省です😰

何度も師匠に助言を仰ぎ、きっと大変なご迷惑と
ご心配をかけてしまったのですが、終始冷静に誠実に
ご指導くださり、本当にありがたかったです。
改めて食事のこと、日々のお世話のこと、
事細かにご教授いただきながら
今後、大切な鳥さんにこんな災難を及ぼさないよう
日々精進していきます!
本当、ごめんなさい。



しかし、こんなことになっているにもかかわらず、
お師匠様はジャンボさんの入院している間に
素晴らしいモノを自ら作ってくださっていました。


続きを読む

スポンサーサイト
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ