2016年 春の巣引きについて No.2

少しご無沙汰しております。
ここのところ、何羽かの鳥さんとのお別れと
自身の体調不良+逝ってしまった鳥についての
ロスによる心神喪失で…サボり気味になってしまいました。

しかしながら、お世話はかかさずしております。
大切な愛鳥を逝かせてしまうことに対しては
毎回、もうやめてしまおうかと切実に思わされるほど
ダメージが強いのですが
多種飼いの強みでしょうか…悲しんでばかりも
いられません。
逝かせてしまった子達については、もう暫し時間をいただくことにして
後日、改めて追悼をしたいと思います。
…画像を貼ろうかとも思いましたが…まだまだそんな心境にはなれません。

さて、気を取り直してこの春の巣引き状況ですが
こんな感じなので、とても飼主の側がその気になれず
繁殖欲のあるペアには不自由させてしまっているかもしれません。

今月に入り、ご予約をいただいているキンカのブラックチークペア、
文鳥のペアとダイヤペア、カナリアペア、
それからシュバシペアが抱卵に入っているようです。
P2037229.jpg
シュバッシーのふたりは、何度か産卵もしていたんですが
すぐに食べちゃったりで絶望的でしたが
今回は食べずに3個の卵をかわりばんこに抱卵しているようです。
庭箱じゃなく、サンコーさんのクリアパネルのケージなので
落ち着かないし望み薄かとも思っていたので
少しビックリです。
高い位置に置き、あまり構わない感じがよかったのか、ただの気まぐれか
ようわからんではありますが、なんとか産まれてくれると嬉しいのですが。
IMG_2580.jpg
また、ガンくんとアイちゃんですが
相変わらず卵は産んでくれるのですが
すっかり抱卵には興味がない様子。
ですが、ここ数日はアイちゃんがつぼ巣に入りっぱなしの
時間が増えているような気もします。
昨年も5月に孵してくれたので
今年ももしや💓なんて期待はしていますが
そう、うまくはいかないかな…ってか、また育児放棄されたら
あの悪夢のような過酷な人工育雛の日々が…正直、自信がありません。
しかし、昨年生まれたダイちゃんもヒカルも人工育雛ではありますが
体格も良く立派に育ってくれているので
孵してくれさえすれば、育てますよ!がんばれ!アイちゃん!
なんせ、ダイヤの手乗りは段違いの可愛さなのです。

新入りのホクトくんとマシロちゃんも
庭箱に入り、なにやら落ち着かない様子で
卵を産んでくれていたりもしますが
マシロちゃんもホクトくんも淡白なのか
あまり関心がないようです。

このご夫婦は、仲良しなので元気で穏やかに暮らしてくれれば
それだけで、飼主も幸せです。
なので、無理はしないでね。
P3230017.jpg
シルバーくんとも割といい感じ💓なので、もったいない気もするのですが…
きっと、ずっと一緒にいたホクトくんのがいいのかな(^^)

文鳥さんはそろそろ高齢なので、若干心配ですが
ベテラランの域に入っているようなので、無事に産まれてくれるといいなあ。

とにかく、青菜と栄養を欠かさずに
静かに見守りたいと思います。
体調が一番心配。
無理なく健やかに、賑やかな初夏になるとよいのですが。
スポンサーサイト
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ