身近な猛禽類

トビ(鳶:学名Milvus migrans)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種。トンビとも言う。

ほとんど羽ばたかずに尾羽で巧みに舵をとり、上昇気流に乗って輪を描きながら上空へ舞い上がる様や、「ピーヒョロロロロ…」という鳴き声はよく知られており、日本ではもっとも身近な猛禽類である。



IMG_0426.jpg





湘南のトビを相方がCanonで撮ってきてくれました。





IMG_0427.jpg


形態
タカ科の中では比較的大型であり、全長は60~65cmほどで、カラスより一回り大きい。翼開長は150~160cmほどになる。体色は褐色と白のまだら模様で、眼の周囲が黒褐色になっている。地上や樹上にいるときは尾羽の中央部がへこんでいるが、飛んでいるときは尾羽の先端が揃う。また、飛んでいる時は翼の先端近くに白い模様が見える。





IMG_0428.jpg



生態

滑空中のトビ主に上昇気流を利用して輪を描くように滑空し、羽ばたくことは少ない。視力が非常に優れていると言われ、上空を飛翔しながら餌を探し、餌を見つけるとその場所に急降下して捕らえる。

餌は郊外に生息する個体は主に動物の死骸やカエル、トカゲ、ヘビ、魚などの小動物を捕食する。都市部では生ゴミなども食べ、公園などで弁当の中身をさらうこともあるので、肉食と言うより、雑食性の可能性も高い。

餌を確保しやすい場所や上昇気流の発生しやすい場所では多くの個体が飛ぶ姿が見られることがあるが、編隊飛行を行うことは少ない。ねぐらなどでは集団で群れを作って寝ることもある。

海沿いに生息するものは、カモメの群れに混じって餌を取り合うこともある。

たまに空の上で、カラスにちょっかいを出される光景を見ることがあり、カラスとはまるで「犬猿の仲」と言ってもいいくらいの程であり、近くにトビがいるだけでカラスは集団でちょっかいを出したり、追い出したりすることもある。これは、トビとカラスは食物が似ており競合関係にあるためと考えられている。

通常、樹上に営巣するが、まれに断崖の地上に営巣することもある。



IMG_0429.jpg





トビに関する問題

「トビに注意!!」の看板:江ノ島(2009年5月2日撮影)トビは本来警戒心が強いので、人間には近寄らないことが多いのがトビの本来の生態である。しかし、古来から「鳶に油揚げをさらわれる」のことわざがある通り、人間に慣れた場合、隙を狙って人間が手に持っている食べ物まで飛びかかって奪うことがあり、最近このような事例が増えて問題となっている。

特に神奈川県にある江ノ島では、トビの大群が見られ、弁当や肉まん、ハンバーガー、ハムカツサンド等を狙われる事が多い。また、京都市の鴨川でもトビが群生しており、子供がトビに菓子を盗られて怪我をするなど、被害が増えている。 トビに襲われないようにするには、コンクリートの壁や透明でない傘で背後を隠すのがいいと言われている。

一方、三重県尾鷲市では、トビの成鳥の餌付けに成功して、トビが毎日人の手から低空飛行で油揚げを受け取っている例があるが(2006年5月現在)、先述の通りトビは元来警戒心の強い鳥であり、以前に人に慣れていなかったトビの成鳥の人の手からの餌付けの例は珍しい。


IMG_0430.jpg

IMG_0431.jpg

IMG_0435.jpg

IMG_0436.jpg

IMG_0437.jpg

IMG_0438.jpg

IMG_0439.jpg



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鳥の写真
ジャンル : 写真

google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ