ジャンボさん夫婦、その後…

先日、初の巣引きが失敗に終わってしまったご報告をいたしましたが
その後、2回目の巣引きも頑張ってくれていたのです。
7個も卵さんを産んでくれていましたし…。
しかし、今回も有精卵ならず😭…残念です。

お嬢さんはとても乗り気だったんですが…早すぎたのかな?との師匠のお言葉。
しかし、きっとおじちゃんを嫁がきてくれる前に病院送りにしてしまった
飼主の責任ですね(~_~;)…そういえば出血もしていましたしね💦本当、ごめんなさい!

悄げているであろうと案じてくださったのでしょう、師匠様から
新しいペアをご用意してくださるとご提案をいただきました(*^^*)

しかし、もうすっかりこの夫婦に私自身が愛着を感じてしまっていますし
仲睦まじい子達ですから、引き続きこの子達を眺めていたいですし、
やはり難易なジャンボセキセイさんの繁殖には私自身がまだ未熟で荷が重いです。
それ以外にもプライベートでいろいろ問題が重なったため、暫くは現在のペアを
見守っていきたい旨をお伝えしました。

手厚いサポートをいただきましたのに、良い結果を出せず心苦しく申し訳ないです。
それと同時にお優しいご配慮もたくさんいただき、本当に有難うございました。
また、近いうちに必ずチャレンジしたいので、
その時はまた、ご指導のほどよろしくお願いいたします💓

さて、そんなおふたりさんですが
現在は巣箱も取り外し、しばらくはいちゃいちゃ💓な毎日を過ごされていましたが
最近、お嬢が飽きてきたらしく、退屈と戦っているようです。

塩土の入った入れ物を引っ掛けているのですが
それを外そうとガッツンガッツン💢と
毎日大きな音を立てて大暴れ💦デス。もう、すごいです。殺気すら感じます。
それを横からたしなめるように、オロオロするばかりのおじちゃん。

堪り兼ねた飼主が思わず『出る?』って
扉を開けてみました。

思えば毎日のお世話の時に、おじちゃんは決して寄り付いてくれないんですが
嬢ちゃんは近寄ってきては興味津々に見つめてくれたり
時には手にも乗ってくれたりもしていたので
PB070002.jpg
お立ち台までの誘導はやっぱりあっさり。
PB070001.jpg
あらっ?戻る?
PB070004.jpg
おじちゃんも心配そうに見守っています。
PB070003.jpg

PB070005.jpg
気になってるの、そこ?
PB070006.jpg

PB070007.jpg
はい、出ました。
PB070009.jpg
産後でちょっと毛艶アレなのと
写真撮る人の腕が悪いせいで今ひとつ鮮やかさに欠けますが💦
PB070012.jpg
本当はもっと綺麗な美人さんなんですよ。
PB070011.jpg
えっ、そっち行くの?
PB070013.jpg
…飛ばないんだ…😅
PB070014.jpg
すかさず、おじちゃんもそちら側に回り込んでます。
PB070016.jpg
しかし、頑なに出てはこないおじちゃん。
PB070015.jpg
アナタモ、デテコナイノ?
PB070022.jpg
あっちが気になってはいるようですが
少し移動しては、旦那さんの元に戻る…を繰り返すお嫁ちゃん。
PB070019.jpg
心配そーに見守るおじちゃん…。しかしやはり、出てはこない。
PB070023.jpg
おいおい、そろそろ戻っておいでよ。
PB070029.jpg
しばらく、このセミ状態を続けていたお嬢さんでした。
PB070027.jpg
ジャンボさん、飛翔すごいのに、飛ばないものですね。
お転婆だし、臆病とは縁がない子かと思いきや
一人で外の世界にはさすがに躊躇したのか、
一旦、窓側まで飛んでみたものの
すぐに怖くなったのかおじちゃんの元へ戻って行きました。
PB070032.jpg
これから毎日、少しずつお外に出て遊べるようになるといいね。
おじちゃんも、だね。
PB070031.jpg
普通サイズセキセイの榛名がお外に出ているときは、
おじちゃんも少し出てみようかな‥的なそぶりを見せる時もあります。

榛名ちゃんも女の子だからかな…この浮気者め。

ゆっくりでいいから、他のメンバーとも仲良く遊べるようになるといいね。


スポンサーサイト

ジャンボさんの巣引き

また、少しお久しぶりになってしまいました。
今年は病院とのご縁が多く、年明けからつい先日までは実母の心臓、
先日も旦那さんが肺を患い、手術のための入院を余儀なくされました。
すごく心配でしたが、なんとか無事に済み、健康であることのありがたさを
今更ながら家族全員で痛感しました。

そんな感じでバタバタしておりましたし
他にもいろんなトラブルを抱えておりましたので
ちょっと元気を消失しておりました。

そんな状況の中、唯一楽しみなことがひとつございまして。

ジャンボさん夫婦の卵さん。
IMG_1703.jpg
9月の15日〜29日の間に1日置きに1個ずつ
IMG_1728.jpg

IMG_4944 2
全部で8個の卵を産んでくれていました。
8個目までそのまま産んでいただき
8個目以降はお嫁さんが熱心に抱卵を始めていたようでしたので
有精卵じゃない場合、消耗させてしまうな…と懸念し、お師匠様の指示通り
検卵をしてみました。
IMG_1745.jpg
結果は残念ながら8個全部、こんな感じでしたので
有精卵ではなかったようです。
ちなみにキンカ(チロとミユキ)の卵さん、めちゃめちゃ血管いっぱいでした😅
IMG_6059.jpg
せっかく頑張ってこんなに産んでくれて
大切に温めていてくれたジャンボ姫。
旦那さんのおじちゃんも、いつも愛おしい眼差しで
姫を見つめてはいたわる様子も見せてくれていたので、
可哀想でしたが体力の消耗を抑えるためにも、
今回のは全部破棄して仕切り直しをした方が良い
という師の教えを仰ぎその通りにいたしました。

通常であれば、2週間後くらいから
また産卵が始まり、その時は有精卵になる傾向が高いとのことです。
それでもうまくいかなければペアを変更した方が良いかも‥とのことでしたが
せっかく仲良し夫婦なのでこの子達の雛ちゃんが拝みたいです。
もう一度だけ、頑張ってもらってそれでも無理そうでしたら
巣箱を撤去し、少しお休みいただこうと思っています。

ジャンボさんの巣引きは難しく
なかなかおいそれとはいかないということは
以前から伺っていましたので、産卵を確認した時も
それほど期待はしていなかったものの、
それでもやはりちょっと楽しみにしていたところもあるので
少しだけがっかりしてしまいました。
でも、夫婦の体調が良好ならばそれで良いのです。

それに思えば、我が家に来てからすぐに
お尻を痛めて入院し排泄物除去のため流血までしてしまった
ジャンボ氏。1週間ほど、入院もしていましたしね。
そんなダメージを負わせてしまって間も無くの繁殖は
当然、難易だったのかもしれません。

自然の流れに任せて
今後、もしも雛ちゃんを誕生させてくれることが
あるとしたらそれはすごく嬉しいですが

2羽の仲睦まじいこんな感じを
見せつけられていると、仲良く楽しく暮らしてくれれば
それだけでもいいかな…なんて思ってしまいます。

大物夫婦 誕生

先日、メンバー入りしましたジャンボさんですが
IMG_7604.jpg
早くもお嫁さんがいらしてくださいました。
IMG_7592.jpg

ピチピチの若い女の子なので
リーゼントはまだ、甘い感じですが
目元の特徴は早くも現れ、将来、
似た者夫婦になりそうな予感です。

IMG_7602.jpg
Mr.ジャンボに比べると
IMG_7601.jpg
幾分か愛想が良い感じで、
榛名(セキセイインコ)や雫(巻毛セキセイ)が
近寄るとパタパタとそばに寄って行ったりする
フレンドリーさが見られます。

青菜も大好きで、頬張った後なので
お口周りが青く汚れていますね。
お嬢さん、かなり食いしん坊です。

P7021207.jpg
数日前には、病院のお世話になっていた
ジャンボさんですが、
退院して、ようやくほっとしたところで
師匠様がお嫁さんを連れてきてくれたのです。
IMG_7580.jpg
我が家ではインコのペアはおらず
アキクサインコは男女ともにいるにも関割らず
ペアリングに失敗している不甲斐ない飼い主ゆえ
インコさんの繁殖は難しいと思っておりましたし
実際にそう簡単にはいかないとも思っておりますが
P7021216.jpg
元の飼い主様である師匠様の見立てなので
P7021215.jpg
さすが、相性は良いようです。
P7021214.jpg
最初のうちは、挙動不審の2羽でしたが
数十分もすると、すぐに打ち解けたようで
P7021212.jpg
仲睦まじい様子を見せてくれました。
P7021213.jpg
…同じような画像が続きますが…
P7021211.jpg

P7021210.jpg

P7021208.jpg

P7021209.jpg

P7021206.jpg

P7021205.jpg

P7021203.jpg

P7021204.jpg

とても仲がよろしいです。
ジャンボ氏は2013年の生まれとのことですが
お嫁さんは今年生まれの女の子。
年齢的に差はあるようですが
かえって、おじちゃんは落ち着きがあり
お嬢さんはお転婆で元気なので
ちょうど良いのかもしれませんね。

P7021202.jpg
師匠が巣箱を設置してくださっているので
このままよい感じで2羽の仲が深まれば
或いはこのペアのお子さんに巡り合えるかもしれません。
P7021201.jpg
リングナンバーや品種名なども
教えていただいき
もしも卵を産み始めたら
その後の管理方法なども細かく教えてくださいました。
P7021199.jpg
とても楽しみにはしておりますが
今の所、まだ、巣作りの気分にはなてくれていないようです。
P7021200.jpg
気長に待ちたいと思います。



ところで、先日、お尻の羽毛が豊かゆえ、
排泄物がくっついて蓋をしてしまい、
病院送りにしてしまった事件もあり、
新たに迎えた姫さまのそこも、大変気にしつつ
毎日、チェックを欠かさずにしておりますが
P7021198.jpg
やはりこの子も、油断しているとくっついてしまうようなので
P7021197.jpg
3回ほどつかませていただき
お取りしたのですが
その際に、ものすごい勢いでガブガブされまして
とても痛い思いをいたしましたが、
セキセイさんってクチバシが小さな割には
激しいのですね😅フィンチの弱い噛力に慣れていたものですから
正直、びっくりしました。
でも、これから毎日きちんとチェックして
だんだんとガブガブしなくなるまで
慣れてくれるといいなって思っています。
P7021196.jpg

P7021194.jpg

P7021195.jpg
雛ちゃんが生まれてよく懐いたジャンボさんを
仲間に加えるのがここ最近の私の夢です。
P7021193.jpg

P7021191.jpg

ジャンボさんの体格維持のために、主食、副食を
師匠宅で食べていたものに切り替えました。
入手先や配合などは、ブリーダー様が長年取り組まれてきた
努力の成果なので、私が公表するのは違うと思いますので
割愛いたしますが、主食以外にも、手間のかかった特製フードの
数々に毎回びっくりしました。

我が家の従来のインコさんたちの食事が申し訳なく感じるくらいです。
これを機に私も鳥たちの食事内容を見直している最中です。

自分自身で改善して行った点は追々記して行きたいと思います。
P7021190.jpg

P7021188.jpg

P7021189.jpg

P7021186.jpg

P7021187.jpg

P7021183.jpg

P7021185.jpg

P7021181.jpg

P7021182.jpg

P7021179.jpg

P7021180.jpg

P7021175.jpg

P7021178.jpg

P7021174.jpg

P7021172.jpg

P7021173.jpg

P7021170.jpg

P7021168.jpg

P7021169.jpg

P7021166.jpg

P7021167.jpg

P7021162.jpg

P7021165.jpg

P7021160.jpg

P7021157.jpg



P7021159.jpg



P7021154.jpg

P7021150.jpg

P7021148.jpg

P7021147.jpg

P7021145.jpg

P7021146.jpg

P7021144.jpg

P7021142.jpg

P7021143.jpg

P7021141.jpg

P7021139.jpg

P7021140.jpg

P7021138.jpg

P7021137.jpg

仲良しの2羽ですが、若干、お転婆で
グイグイ気味の姫に押され気味なジャンボさんですが
どうか、末長く仲良く健康で、
そして、ふたりのお子を拝ませてくださいね。

これからよろしくね。


以下はふたりの動画です。
ちょっと画像も動画もしつこいほどですが
お迎え初期で歓迎の意も込めて…
最初なのでお許しください。

続きを読む

Mr.Jumbo

少し遅れてしまいましたが
新しいお仲間のご紹介です。
IMG_6871.jpg
先日の品評会で出会ったジャンボさん、ご縁がありまして
お迎えさせていただくことになりました。

威厳のあるこのお方は
実はまだお名前がありません…。
今の所、ジャンボさんとお呼びしていますが
もう少ししたらお名前が決まるかもしれません。

お迎え当日は品評会のあの日だったわけですが
まさか、お連れできるとは思ってはいなかったので
車で行ったわけでもなく、電車で
しかもカゴも袋も準備していませんでした。
品評会参加の方々に竹かごや袋をお借りして
早々に家路へ向かいました。

当日、お世話になりました方々に
お礼申し上げます。ありがとうございました。

いわゆる『衝動的』とも言えるお迎えでしたが
幸い我が家は鳥沢山ゆえ、空きのカゴもありまして
IMG_6776.jpg
とりあえずは、このケージに収まっていただきました。
IMG_6777(2).jpg
サンコー製の40ですが、フィンチやカナリアには
広々感がありますのに
IMG_6783(1).jpg
ジャンボさんには…狭いですな(--;)

我が家のメンバーに中型では美声さんやオカメさん、
アキクサさんもおりますが、
いずれも手乗りで放鳥時間があるため
みなさん、若干狭いケージがお住まいなので
ジャンボさんに見合ったカゴがないことに気づきました(遅い!)
他の子は放鳥どきに運動不足を多少なりとも解消している節はありますが
この、ジャンボさんは手乗りさんではないので
一番、気を配ってあげなくてはいけないことだったのに....。

しかし、4日ほど経過して、観察していましたら
1箇所に鎮座して、まるで置物のごとく
微動だにしない、まるでハシビロコウ化したような
ジャンボさんに、さすがにこれは動きたくても動けないのでは?
とか、いや、しかし、ジャンボさんてこんな感じなのか?
とか、何しろ表情が判りにくく戸惑うばかりの飼い主でしたが
飛翔力が高いこと、事前に『よく飛ぶよ!』との言葉を伺っていたこと、
お師匠様も狭いケージであることを、とても心配していらしたのもあり
遅すぎましたが急いで、『HOEIオカメ465』を購入しました。
IMG_6879.jpg

お恥ずかしながら、オカメちゃんがいるにもかかわらず
お初の465です。ユキちゃんもこちらのケージの方が良かったかもですね。
IMG_6881.jpg

実は個人的に一昔前の◯十年、
家型のHOEI製大型ケージを購入したことがあるのですが
とにかく大きく!重く!硬くて組み立てにくく!
無知故、屋根付きのものを購入したばかりに
移動どきに角が引っかかり、取り扱いずらく
すっかり敬遠対象となってしまっておりましたが…
IMG_6880.jpg

今更ながら、進化してたんですか?
いや、何十年も前からこんなに組み立てやすかったの!?
…と、正直驚きでした。HOEIさん勝手に使いづらいって
思いこんでたみたいでごめんなさい。
IMG_6882.jpg

扉関係もバネ式なんですね。
IMG_6884.jpg

しかもとても開けやすいです。
IMG_6883.jpg

これならば、日々のお世話もやりやすそうですね。
IMG_6885.jpg

あっという間に完成です。大きい!
IMG_6886.jpg

SANKO製のものと比較すると
さらに大きさが際立ちますね。
IMG_6889.jpg
早速、入っていただきました。
少しは広くなったかな…でも、これでもまだ狭く
繁殖したい場合は絶対に無理だとのことでした。

即座に飛翔をはじめられたジャンボ様。

はしゃいでおられるのか?‥‥羽ばたいておられる。
ホント、狭かったんだね。
ごめんなさい。

新居をご用意し、少し、新米飼主的にも安心してしまったのですが
これがいけませんでした。
ご飯もよく食べてくれていましたが
数日後から、ご飯入れの上に座ることが増え、
気にはなっていたんですが、そのまま見守り…
いつからかあまり動かなくなり…。

お迎え一週間後の朝のお掃除時に
気づいたのですが(遅い!)
ジャンボさん、そういえば排泄物体が異様に少なく
そういえば、お尻をフリフリする動作が昨日はやけに
見られたな…と思いつつ、すかさず覗くと
ジャンボさんの股間のそこには大きく固まった物体が!!


そして訴えるが如く、なんとも悲しげな声で
キュンキュン泣くので、慌ててつかませていただき
問題箇所を見させてもらいました。

羽毛が豊かなためびっちり貼り付き、蓋をしてしまっているようでした。
しかも、結構硬くなっている。
キンカやカナリアさんにもよくある症状で
いつもなら流しへ連れて行き、ぬるめのお湯で
洗って溶かし取って事なきを得ていたのですが、
今回はブツが大きすぎるのと、
私もジャンボさんもまだ人見知り状態で
意思の疎通が出来ていないので無理な事はしたくなく
お迎え検診も兼ねて病院で取っていただく事にしました。

病院へ向かう途中もキュンキュン可愛い悲しげな声で
泣くので本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら
できるだけ急いで行きました。

先生にお見せしたところ、
思っていたよりも症状が重いという事で
入院という大事になってしまいました。
とても心配でしたので、今回はお願いし
一週間ほどで、元気に戻ってきてくれたので
良かったのですが、これは一週間近くも
狭い空間に入れて、しかも硬く詰まるほどになるまで
気づいてあげられなかった飼主の責任です。
環境の変化、食事器具の変化、食事内容の変化+ストレスで
きっと大変不憫な思いをさせてしまっていたのでしょう。
本当にかわいそうな事をしてしまい、ごめんね。
IMG_7236.jpg
あの羽ばたきは、はしゃいでいるんじゃなく、
不満を爆発させた『怒りの舞』だったのかも💦と今更ながら青ざめです😥

今まで師匠様のところで快適に過ごしていたのに
こんな不甲斐ない飼主のところへ来てしまい、しかも、周りには
異種の鳥がたくさんいるわ、狭いカゴに押し込められた挙句、
ストレスで便秘になりいわゆる糞づまりを起こし、
最終的には病院で一週間も過ごす羽目になるとは…。
当のジャンボさんからしてみれば数週前には
皆目見当もつかなかったでしょうね。

いやいや、ジャンボさん、人間でしたら
私、訴えられてしまうレベルです。
本当に今回はいつにも増して猛反省です😰

何度も師匠に助言を仰ぎ、きっと大変なご迷惑と
ご心配をかけてしまったのですが、終始冷静に誠実に
ご指導くださり、本当にありがたかったです。
改めて食事のこと、日々のお世話のこと、
事細かにご教授いただきながら
今後、大切な鳥さんにこんな災難を及ぼさないよう
日々精進していきます!
本当、ごめんなさい。



しかし、こんなことになっているにもかかわらず、
お師匠様はジャンボさんの入院している間に
素晴らしいモノを自ら作ってくださっていました。


続きを読む

お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ