鳥さんお食事事情

以前も鳥さんたちのお食事事情について
記載したこともあったかと思いますが
メンバーも増えて、内容も増えて
なんだか収拾がつかなくなってきている様を記したくなり
ここに記録します。

今現在のLive-Birdメンバーたちのお食事事情です。
あまり参考にならないかもですが、
現在はこんな感じのごはんで暮らしてもらっています。
改善の余地などありましたら
愛鳥家先輩方にご教示賜りたいです。

まずは皮付きシードの全鳥種の基本です。
玄ヒエ 30%
玄粟          30% 
玄キビ         10%
カナリヤシード    15%
赤粟         7.5%
赤キビ        7.5%
IMG_3782 2
これは全てのフィンチにあげています。
文鳥、ダイア、キンカ、アフリカンフィンチ、み〜んな、コレです。
IMG_3830.jpg
文鳥さんには基本シードに青米を混ぜたものをあげていますが
我が家の文鳥さんはすこぶる元気で
この青米が結構重要なのではないかと、密かに飼主は思ったりしています。

基本シードにオーツ麦を混ぜたものをインコさんの主食にしています。
IMG_3826.jpg
それから麻の実は男の子のインコさんには多めに、
女子には発情を控えたいので二日に一回、ごく少量をあげています。
IMG_3829.jpg
それからラウディブッシュのペレットをティースプーンに1~2杯ほど
基本シードに振りかけて与えています。
オカメインコや美声さん、秋草、コザクラ、マメルリハ、
サザナミ、ジャンボさん、セキセイさん、
みんなこれがお好きなようで、毎回、これは残らず食べているようです。
IMG_3832.jpg


ボレ粉は、小分けのボレ粉入れに入れないで
毎回、ご飯と一緒に適量をあげています。
水分吸ってカビっぽくなるのが嫌なので。
IMG_3828.jpg

下記はカナリーシードとエゴマを混ぜたものです。
フィンチたちや、ジャンボさんに与えていますが
週に何度かは全部の鳥さんにあげています。

巣引きどきの親鳥や
巣立ち直後の雛鳥がいるときには
これにあわ玉も少量混ぜます。
エゴマ、みんな好きですが栄養過多には気をつけています。
そして、エゴマはお高いです😅
IMG_3824.jpg


こちらはカナリアさん用の主食です。
基本シードにエゴマ・ニガシードが強めに配合されています。
これだけだとちょっと強い気がするので
基本シードと半々にあげています。
時には上記のカナリーシードとエゴマを増量したりもします。
IMG_3835.jpg
それから、カナリアさんといえば
羽の色あげが必要ですが
換羽前に赤カナリアとレモンカナリアに
与えています。あげ方が悪いのか
色が綺麗に上がらず、赤いカナリアは
オレンジっぽくなってしまいました💦
コツがあるのでしょうね…カナリアさん、難しい…💦
それから色あげ剤は少し体に負担になるということも
耳にしたことがあるので、できれば人参などの
色素を代用した方が良いようです。
試したこともあるのですが、あまり食べてくれません。
健康第一で羽の色の操作は二の次になってしまいそうですが
人参を与えることは再開していきたいと思います。
IMG_3822.jpg
それから、みんな大好き💓な
SeDeのエッグフード。ウィットモーレン社のも使っていましたが
こちらの方が虫が入っていて、乾燥していて扱いやすく
鳥さんたちの食いつきも良いので、少しお高いですが
インコもフィンチも鳩も、ウズラも、そしてメジロさんも
みーんな、これを少量ずつ食べています。
弱っていたり元気が無く、羽ツヤも少し悪いかな‥と思われる子には
少し多めにあげたりしています。
あ、やはり女子には本当にごく少量しかあげていません…欲しがるので
可哀想なのですが、産気づいてしまいますので。
IMG_3821.jpg

さてさて、ここまで、数種の主食、副食をお伝えしてまいりましたが
我が家の鳥さん、羽数が多いのでどのくらいの消費してるかな、と
改めて注文票を見返しましたが、ここ1年間、40kgを月に2回注文しています。
カナリア混合も20kgなので、主食部門だけでおおよそ100kg超えですね^^;

人間のお米より全然多いです😅

もちろん、容器に入れてあげて
上の方から食べていくので、自然に下の方にまだ実の入ったシードは
残るわけで、昔ながらのやり方で皮だけふーふーってしてあげれば
もう少しは持つのでしょうが、羽数多いということは
必然的にカゴの数も多いわけで、
餌入れも尋常じゃなく多いのです。
一個一個ふーふーってやってたら
日が暮れる‥というか、お腹空きすぎて最後の子可哀想なので
再利用袋に毎回ぶっこんでおります😅

そしてこの再利用の残飯たちの行方はと言いますと
下記のウズラさん用の粉餌に投入されます。
IMG_3831.jpg
それから下記はジュズカケ鳩専用のシードですが
キジ類、鳩類は皮剥かず丸呑みなのをいいことに
残飯処理もお願いしております。
残飯と言っても、結構実が残っているようで
ウズラさんも鳩さんも喜んで食べてくれているようです。
IMG_3825.jpg
一体、今現在、何羽の鳥さんがいるのだろう…。
少し前までは把握していましたし、
ちゃんと数えていたのですが…
今はもう、数えるのが恐ろしい😅
キンカだけでも30羽超えていたような…💦

ちなみに一回分の青菜です。
IMG_3834.jpg
お野菜価格高騰事情もあり、豆苗などで凌いでいただく日もありますが
やはり皆さん、小松菜がお好きなようです😭

そして鳥一倍、食にうるさい輩が約1羽。
IMG_3837.jpg
アフリカヤマメジロのジローさん。
以前召し上げっていた極上すり餌が
諸事情あり入手できなくなり、
IMG_3838.jpg
どれを差し上げても食べてくれなくて途方に暮れた時期がありました。
この缶に入ったすり餌も、決して決して粗末なものではないのですが
それでも食べてくれないので、
以前のものとどこが違うのか
いろいろ試した結果、
IMG_3839.jpg
きな粉が足りないんだっ!という結論。
そしてこれに羽ツヤが今ひとつだったこともあり
ネクトンBIOやエグザクトを少量混ぜて、すり餌に加えてみました。

水に溶く前ね。
IMG_3840.jpg
あんまり水っぽいのはお好みじゃないみたいなので
このくらいの溶き加減で。
IMG_3841.jpg
で、ここに大好物のエッグフードをごく少量。
IMG_3842.jpg

そしたらなんとか食べてくれるみたい。

中身確認ジロちゃん

Live-Birdさん(@iori0720)が投稿した動画 -



ん〜…しかし、これはきな粉の力というよりも

エッグフードたまらん💓ジロちゃん

Live-Birdさん(@iori0720)が投稿した動画 -



卵の力、ですね^^;



それからジロちゃんの大好物、リンゴゼリー。
IMG_3844.jpg
これは大好きで、1日一個のペースで召し上がり、
空になった残骸容器を、『はよ、新しいの寄越せやっ!💢』
‥と言わんばかりにお水入れに投入されたりしています。

待ちきれないジロちゃん

Live-Birdさん(@iori0720)が投稿した動画 -




IMG_3843.jpg
ちなみに上記は『飛梅』という、夏季限定(腐らせないため)の
一時しのぎ的飼料につき、あまり上げていませんが、
それ以前に卵に味をしめてから、全く召し上がりません💦

いろいろ大変なジロちゃんでしたが
飽くなきグルメへの追求で、随分と仲良くなれた気がします。


こんな感じでお食事の毎日は過ぎていっています(--;)
本当、鳥中心です。

ネクトンSとBIO、MSAやEもこのメニューに追加していますが
まだまだ不足しているものがあるので
揃えていかないといけないなあ‥と。
焼砂や塩土あたりがちょっと心もとない感じです。


たくさんの鳥さんと暮らしているのですから
その鳥さんによって飼料を変えなくてはいけないのが
当たり前なのですが、やっぱりちと大変😅
まだまだ足りない栄養素も多々あると思うので
教えていただける諸先輩方、ご教示いただけますと幸いです。
今後も日々、色々勉強して実践していかなくてはと思います。


スポンサーサイト

庭箱洗いました

暖かくなってきて、
ダニとか害虫の発生なんかあると困るので
庭箱は早く掃除したいと思っていました。

ガンちゃんとアイちゃんは、卵が4個ほどありましたが
抱卵も途中で放棄して、しばらく経っていましたし
念のため、検卵してみましたら
残念ながら有精卵ではないらしい‥‥(←本当か!?)

マシロちゃんとホクトくん宅は、
卵は先日産み落とした1個だけで、
しかも、下に落としてしまっていて
割れてしまっていましたので
撤去して久しく…。

なんとなく各ダイヤペアさんたちから、
環境に対する倦怠感を感じました(←本当か!?)

なので、思い切って掃除をしてしまいました。

パーツはすべて外して、洗浄&消毒。

庭箱本体はお風呂場へ持ち込み高圧&高熱で洗浄し、
ノックレンを噴霧のあと暫く放置して、
最後にもう一度洗い流すために洗浄してから、
乾燥タイマー3Hでカラカラに乾燥させました。
P5070429.jpg

向かって右がマシロちゃんとホクトくん。
左がアイちゃん&ガンちゃん。
P5070427.jpg
スッキリしたかな?
P5070430.jpg
飼主はすこぶるスッキリしたよ〜。勝手してごめんね。
設置を迷いましたが、夜はつぼ巣で寝ているみたいなので
そのまま装備しておきました。
休養させたいので、気が散るように置き場所も変えてみました。
それでも追い回すようならガンちゃんとホクトくんは
近日、別宅へ行ってもらうかな…。

そんな感じなので、今季のダイヤ雛は望めませんね。
残念ではありますが、健康第一です。
少し、休んでくださいね。

鳥かごについて

いつの間にか鳥さんが増えて
そうなってくると必然的にバードケージも
増えてくるものです。

悩みの種でもあるのですが
新しい鳥かごが、しかも初対面のものがやってくると,
ある種のトキメキのようなものさえ感じるように
なってしまって‥自分が心配になります(^^;)
家人はもっと心配しています(^^;)(^^;)
結局、好きなのでしょうもないです。

庭箱だったり、竹かごだったり
小さな鳥さんを一箇所にまとめて
住んでもらえる大きくてオシャレな海外製の
バードケージだったり…興味は尽きず
小鳥さんを迎えることと同様、
『鳥かご』を選ぶことは
飼主にとっても大きな楽しみになっています。

それでは、今回の新しい鳥かごとの出会いの記録です。
まずは簡易的な取説ですが…ほぼ参考にはなりません。
なぜならば…読めません。
IMG_6249.jpg
以前からずっと気になっていて
機会があれば次回は絶対これ、使ってみよう!と決めていました。
IMG_6215.jpg
海外モノはVigeon以来です。
Vigeonのように組み立てなくてはいけないのかな‥と
思っていましたが、もう出来上がった形で到着です。
IMG_6216.jpg
なぜ、このタイプにしたかというと
まずは、そこの部分の形状により
積み重ねが出来るのが
いい感じです←まだ増やす気でしょうか(^^;)
IMG_6218.jpg
そして、最大の理由が
以前から、仲の悪いペアや相方がちょっと調子悪い時など、
個室にしてあげたいなあ…という場面が多々あり
『仕切り』のついたケージを探していたんです。
しかし、なかなか無いのですよね、お手頃なのが。
ヒメウズラさんにはぴったりのがあったんですけどね。

そして、やっとみつけたこのケージ。
IMG_6219.jpg
『彼のこと、好きなんだけどちょっと今は開放して欲しいのよね』…的な
女子用には網タイプの仕切り、
『もう、顔も見たくないほど大嫌い!』な
鳥さん事情の場合には視界を遮断するパネルタイプのものと
2種が付属されており、気が利いています。
IMG_6220.jpg
ただ、止まり木に関してはプラスチック製のものが
2本付いていましたが、これはちょっとよろしくなかったので
木製のものに変えました。
IMG_6221.jpg
ゴハン入れも、奥行きが狭く
キンカやコキンさん、アフリカンフィンチあたりなら
小顔なので全然問題無いのかもですが
今回のお住まいになるのは…
hika.jpeg
この種の方達なので…なにしろお顔のデカさが…。
突っ込んでるサマも見てみたい気もするのですが(笑)
IMG_6222.jpg
大食漢なので(きっと)もう少し大きめのゴハン入れがいいな…と。
IMG_6223.jpg
あとは蓋が取れやすいですね。
入れ口はバネ式で挟んで押さえる形態なので
わざとそうなっている仕様なのかな。
IMG_6224.jpg
それから右左のそれぞれの側面に
やはりこちらもバネ式の小窓があります。
IMG_6226.jpg
こんな感じですね。
IMG_6227.jpg
付属のゴハン入れにはお水と青菜をそれぞれ
入れて使うことにしました。
ダイアは鳩みたいに、水を飲む時、
バキューム式に吸い上げますからね(笑)
インコちゃんやほかの鳥さんみたいに
下嘴ですくって上を向いて流し込む
スペースは要りませんね。
だからお顔、ちょい大きめでもだいじょぶかな。

続きを読む

鳥さんごはん事情

食事のことに関しては前々から記述したかったのに
後回しになっておりました…が、
さすがに鳥種が増え始め、飼料の種類も増え始め、
もはや備忘録というか自分のために必要なので
ここで一度書き出しておこうかと。

『インコさん用』
⭐️皮付きシード(フィンチ配合)→粟、稗など
⭐️麻の実
⭐️オーツ麦
⭐️ペレット→(美声、オカメのみ)

『フィンチさん用』
⭐️皮付きシード(フィンチ配合)→粟、稗など
⭐️青米→(文鳥さんのみ)
⭐️エゴマ

『カナリアさん用』
⭐️皮付きシード(カナリア配合)→粟、稗、カナリーシード、ナタネ、エゴマなど
⭐️スーパーレッド(色上げ用)

『ハトさん用』
⭐️皮付きシード(ジュツカケバト配合)+皮付きシードフィンチ配合

『姫ウズラさん用』
⭐️パウダーフード(ヒメウズラ配合)+フィンチの残飯

『メジロさん用』
⭐️三分餌(高級摺餌)+エグザクト少量
⭐️ゼリー(メジロ用リンゴ味)


『全種共通』
⭐️ネクトンS、BIO、MSA、(繁殖期のみE)
⭐️エグザクト
⭐️粟玉
⭐️粟穂
⭐️焼砂
⭐️ボレー粉
⭐️小松菜
⭐️エッグフード




書き出してみると結構な種類です。
中でも悩みどころはメインの皮付きシードなのです。
我が家では20kg×2袋の計40kgを消費するのですが
ここのところ1ヶ月もたないという事態に…。
きっと毎回、ごはんを変える時に『ふーふーっ』って
吹いて足すようにしていれば、もう少しながもちするんでしょうが…
ちまちま毎朝やっていられず全替えなので、致し方ないのですが💦

確実にしっかり食べてもらうためにも
時間の縮小のためにもこの『無駄』は仕方ないのでしょうか…
なので餌入れの下の方、まだけっこう実が残ってる部分も
あるかと思うので、ゴミ箱行きにはせず、
専用の袋に入れ、ウズラさんやハトさんに
再利用していただくことにしています。

20kgの皮付きシード経緯として
何社かから購入していましたが
今回、Twitterでお知り合いになってくださった
鳥友様からあるお店を教えていただき
しばらくはそちらにお願いしようかと思っています。

コスト的なこととして金額は下記の通りでした。


皮付きシード40kg→¥5,200
カナリア配合5kg→¥650
オーツ麦5kg→¥600
麻の実5kg→¥1,500
青米5kg→¥500



今までよりもかなりリーズナブルかな…。
     あとは鳥さんたちが好むか…ですが、明日届きます。
     楽しみです。穀類マニアになりそうですw


画像も時期にUPしたいと思います。




止まり木

今まで台式の止まり木を使っていましたが引越しと同時に処分したので
放鳥中の鳥さんたちがとまる場所を思案していましたが…

つっぱり棒にブランコを引っ掛ける
スタイルに定着しました。




ウスユキバトは特に気に入ってくれたみたい。


姫子も新しもの好きなので
まんざらでもなさげです。


お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ