スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぐれもの。

鳥さんと暮らす中で
これはもうちょっとなんとかならんのかなあ‥と
疑問に思う飼育用品や飼料、その他諸々の雑貨など
いろいろと思うことはあるのですが
昨年通して、これはよかったかもしれない、と
実感したものを記載してゆきたいと思います。

まずは、お馴染みですがサンコーさんの『ルーミイ』
rumi.jpg
我が家ではウズラさんや雛鳥の巣立ちまでと、
生後1年までの繊細さんたちや
体調不良の療養室として年間通して大活躍です。
コキンさんは温度管理を誤ると、
本当に体調をすぐに崩しやすいので
雛時期から翌年の初夏までは、
このルーミイで飼育してみようと決めていました。

止まり木をどうしようかと、ちょっと悩みましたが
突っ張り棒に麻紐ぐるぐる巻きにして
縦方向2本渡せばフィンチの重さでしたら
無理なく使用可能です。

小さい方は大きすぎず小さすぎずで
良いサイズかとも思うのですが
ハムスターには丁度良いかもですが
鳥さんにはちょっと小さいかも💦って感じです。

看病用としては保温の管理がしやすくベストなサイズかもですが。
また、クリアなのでよく見えるし大変ケアがしやすいです。
守られてる感があって飼い主的にも安心しますし
鳥さん的にも、いろんな鳥種に入ってもらいましたが
嫌がってる感はない感じがします。
実際、声が聞けるわけじゃないので定かではないんですが😅
分割式なので、水洗いするのも手軽にできますし
餌の飛び散りもかなり減り、全部の鳥さんをこのケージで
飼育したいとさえ、最初のうちは思いましたが。
通気性の面ではやはり不安感はあるかなあ。

そしてやはり健康な鳥さんには手狭だな‥ということで
大きいサイズも使用してみました。

が、なにしろこれが今度はデカイ💦
中間サイズ、ないんか?と。本気で思います。
そして、なぜか、小さいサイズの方には
空間分割できるセパレートパネルなるものがあるのに
大きい方にはまだ設定ないんですね💧
31zYbXKuaeL.jpg
デカイ方にこそ、欲しいんですよ、サンコーさん。
そうするとフィンチのペアリングの時や
ちょっと隔離したいときとか本当に便利だと思うんですよね。
是非ともお願いします。
あとは、ちょっと壊れやすいんで取り扱いは優しく‥ですかね。

でも、あと大きい方が2〜3個あっても良いかなってくらい
使い勝手は良いと思います‥スペース的に難ですが😅

それから調子悪い子ちゃん前提ですが
保温はパネル式にしています。

このパネルヒーター、普通のケージですと
当然ながら空間は密封されていませんし
なんとな〜く心もとない感じがするのですが
ルーミイのような割と外気の影響を受けにくい
空間のあるものに関しては俄然威力を発揮します。
さすが爬虫類用です😅
pitari2.jpg
天井部には長い方を置き
pitari1.jpg
下は半分だけ温まるように小さいサイズを。
小さいルーミイに健康な子を‥の時の保温には
どちらか片方だけで充分だと思います。

先日、体調崩したコモンの灯ちゃん、
コキンの小夜さん、秋草の草太も
ルーミイさんとピタリ保温さんのお世話になりました。
空間全体がやんわりと暖かかくなる感じで、
火傷の心配もなく天井部のワイヤー隙間で
温度も湿度も調整しやすくおすすめです。

比較的軽いので複数ある場合は
重ねられることで、一枚のパネルヒーターでの保温が
省スペースに取れるのでありがたかったりします。
ただし、強度は頼りないので
重ねるならせいぜい2個程度に
止めといた方が良さそうですが。

あとは、日光浴がしにくい住環境ゆえ、
生後1年までの間に、せめて少しでも
お日様から得られる効果をUVライトなるもので‥
と願い、午前中の、または1日のうちの15分前後は
照射するようにしています。
uv1.jpg
これも小さいルーミイ用と
uv2.jpg
大きいルーミイ用で分けてますが
使用しているライトそのものは変わりなく
両方とも1灯のみなので、効果のほどは微妙ですが💧
何もしないよりはいいかな、と。

あとは、これ。
scatt.jpg
ベタファーム社のScattです。
恩師から教えていただきました。
カナリア、コキン飼いの必需品。
毛嚢ダニに効果的です。
カナリアちひろとコキンのNちゃん
が劇的に快復しました。
もっと早くこの良薬の存在を知っていれば
亡くさなくて良い命もあったかと思うと‥悔やまれますが
春と秋の2回、カナリアやキンカ、
コキンさんに塗布するようにしています。

他にもいろいろご紹介したい優れもの、
あるにはあるのですが、それはまた、次の機会に。

今年の秋はルーミイでコキンの繁殖が実現できると良いのになあ‥
大きい方ならつぼ巣も余裕で配置できるし
高温多湿を好むコキンさんですし、
手乗りで人慣れもしている
シグレ、ワカ、サヨさん達ならば或いは‥
なんてぼんやり考えていたりするかいぬしです。
スポンサーサイト

カナリアの歌

カナリアの飼育を始めて
このもうすぐ3年です。
赤カナリアから始まり、レモン、巻き毛、ブロンズと経て
赤、レモン、ブロンズは何羽かの雛に会うことができました。
残念ながら巻き毛さんはまだなのですよね‥難しいです。

私の飼育が下手くそだからだと思うのですが
赤とレモンのカラーカナリアと呼ばれる種に関しては
色を綺麗に保つのが至難の技です。
うちの赤カナリアは、色あげ飼料をやめてしまったので
燃えるような赤だった赤城くんはすっかりシャケのような
薄いオレンジになってしまいました😅
仕上げてくださったブリーダーさんに申し訳ないです😭
『スーパーレッド』という着色飼料を適期に与えるのですが
なんとなく体に悪い気がして、避けてしまっています。
‥しかし、元気です!

カナリアの魅力はなんと言ってもその歌声です。

カナオくんの声が中でも一番好きです。


それからTwitterやInstaではすでにご紹介済みなのですが
昨年生まれたブロンズカナリアの雛たちが
立派に成長してくれまして、最近、歌い始めました。
まだぎこちなさはあるものの、フレーズというか
旋律のような‥ちょっとうるさいかもですが
よろしければ聞いてあげてください。

お歌13

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


この子たちの兄の『ハヤト』も、
最近、歌い出してはくれているのですが
キンカさんの男歌を覚えてしまったようで😅

ハヤト、それはカナリアの鳴きじゃないよ💧キンカの男歌じゃ😂

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


鳥って本当にものまねをするのですよね。
しかし、カナリアは独自のメロディーがあると思っていたので
ちょっとびっくりです。でも、そんなハヤト、可愛いです😅

お歌12

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


ところで、この子たちの品種のことなのですが💧
いまだによくわかりません。
シュラくんとシュリちゃんのお子達なのですが、
ブロンズカナリアのシュラさん、その色変わりのシュリちゃん...
とのことなんですが、カナリアさんの品種って
カラーカナリアとスタイルカナリア(巻き毛)以外の定義が曖昧というか
‥いやいや、私の勉強不足なだけだと思うのですが
本を見ても本当にわかりにくくて💧
シュラくんはお迎えどきはそりゃあ、もう、美しいブロンズだったのですが
先にも記しました通り、色あげ処理を施さない不精な飼い主ゆえ、
シュラくん、すっかり子供達の中に胸元が黄色っぽい子がいると思うのですが
その子とほとんど変わらないほどに、茶色っぽくなってしまいました😅
色あげをしてこそのブロンズなのですね。

ワイルドベースにリザードやローラーがちょっと入った感じですか?
あれ?違うかな‥グロスターカナリアとはまた違うのかな??
ローラーはもっと声が低音なので鳴き声は違いますね。
‥しかし、この独特な野性味あふれる縞模様、私は好みです💓
梵天なんかいたりしたら最高ですね(*^^*)
それに、なんだか、体格もいいしタフな種なような気もするんですよね。
本当、この種というか、パパとママの遺伝子がすごいのか
定かじゃないですが、孵化率ほぼ100%、育雛も全員順調で
亡くなった子がおりませんでした。素晴らしい!

ハヤトくん、この弟の真似しようよ

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


みんなで競い合うように歌われますと
ちょっとだけ(かなり)うるさい💦ではありますが
カナリア、素晴らしいですよ(*^^*)
足が長くてちょっと猛禽スタイルなのがお気に入りです。

いつかはパリジャンなんかも憧れます💓
カナリアは奥が深くて、カナリアオンリーに
なってしまう方々の気持ちもすごくわかるような気がします。

YouTubeなどで検索していただくと
世界中の賢く美しく美声なカナリアのお歌が
たくさん聴けますよ。
興味のある方は是非💓💓

アキクサインコたちの巣引き

秋あたりから兆候はあったのですが、
もう少し体力をつけてほしいし
1歳過ぎてしばらく経ってから‥と
早くても3月初旬あたりから設置しようと思っていた
ルビノーペアの巣箱ですが、
昨年秋ごろから別居させても、
気を散らそうと放鳥させっぱなしにしても、
どうにもぽこぽこと卵を産んでしまう伊勢ちゃん。

若いふたりはまだまだ本気になれないようです😅

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


有精卵もいくつかあったので、リトルママに投入したり
草太に托卵をお願いしたりして、せっかくならば
生まれてきてほしいと願ったのですが
やはり、人工孵化器では、何かが違うのでしょう、
途中で中止卵になってしまっていました。
温度湿度の管理など、
飼い主の不甲斐なさゆえのことだと思います。
鳥たちに申し訳なく思っています。

草太の抱いてくれていた子は1羽だけ孵ってはくれたのですが
孵化後、なのか、孵化前にすでに、なのか、定かじゃないですが
草太が悲しげな声で泣いているので慌てて見に行くと
冷たくなった雛ちゃんが‥。

ソウちゃん、大丈夫そう。 ひと安心ですが、念のため病院行こうね🏥

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


悲しくて残念な事ではありましたが
頑張って長い期間、温めてやっと孵った他鳥の子、
それでも可愛い自分の子のように悲しみを露わにしている草太。
独身なのに母性の強い草太。
女の子なのにソウタと名付けられてしまった草太。
もう7歳なのに、初の孵化を他鳥の卵で経験してしまった草太。
戸惑いつつも本当にがっかりした感が全身に漂い、
立ち上がるのもままならないほどに消耗して疲れ切って
ボロボロになってしまったソウちゃんのことが、
愛おしくてたまらないと同時に本当に心配で
すぐに個室に移しました。

最初の2〜3日は止まり木にも止まれないほど
足腰ガタガタで底面でじっとしている時間が多かったのです。
床ずれ起こした患者さんのようなものなのだろうか‥
それに寝たきりだったのときっとほぼ変わらない状態で
数十日ですから、筋力なども相当弱っているのだろうな、
という感じでした。
しかし、そんなソウちゃんでしたが‥

ルーミィと保温とアミノ酸の威力、すごい。

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


3日もすると、止まり木にもとまれるようになり

ソウちゃん、 元気になった💓

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


1週間もすると、走り回り始め、
いつものソウちゃんに戻ってきてくれました。

前回もお産がらみの心配事。
今回もそうで、本当に女の子は大変です。
産気づいた女子がたくさんいると
飼い主、気が気じゃなくて禿げそうです😭

夜になると巣箱から出て来てしまう伊勢ちゃん😓

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


元気になると、なんだかまたソワソワし始めている
草太の気を散らすのが大変な今日この頃ですが
本気でもう、やめてもらわないと危険です。

アキは全くと言ってもいいほど
発情とは無縁なのに、ソウちゃんは‥。
イオリがその気になってくれればまだ、
巣引きに踏み切れたのに。
ソウちゃんには興味ないんですよね😭
アキのことしか追いかけ回しませんし、
求愛もしないイオリくん💧
うまくいかないものです。

さっぱりした?

Live-Birdさん(@iori0720)がシェアした投稿 -


水浴びしている場合じゃないですよ、イオリくん。
お隣で暮らす、ソウちゃんに
もう少し興味を示してあげてください。
しかし、アキも草太もそしてイオリも7年経過し、
もうアダルトな鳥さんたちになってきているので
強制的に巣引きに促すことはしません。
繁殖は命がけのことですから。
このまま穏やかに、放鳥中に良い距離感を保ちつつ
平和に長生きしてくれることが何よりです。

さて、伊勢と日向のことに戻りますが、
巣箱を入れると、数日ですっかり巣箱の使い方が解り始めたようで
2羽で出たり入ったりを繰り返し、しかし、卵はケージの床に産み‥
みたいな日々がしばらく続きました。
見かねて飼い主が産み落とされた卵をその都度、
巣箱にそっと置いておきましたが
3個目あたりから、巣箱の中で産み始めたようで
数日前から日中は一生懸命、伊勢さんが温めているようです。

このままうまくいくと良かったのですが、
伊勢さん、夜になると巣箱から出てきてしまい
それっきり入る気配がありません😭

日向が中へ入って温め続けることを促すのですが
‥頑として入ろうとはしません。
夜間で巣箱内が暗くて怖いのかなあ
‥とも思ったりもしたんですが‥
電気を明るめに灯そうが、戻ってくれる気配はなく‥💧
伊勢ちゃん、頑固です😭
しかし、ちょっと思ったんですが、
そうですよね、伊勢ちゃん。
『夜間は日向が抱いてくれたらいいんじゃね?』ですよね?
雌が通しで抱卵する鳥さんも多いですが
伊勢さんはきっと分担制がポリシーなのでしょうね。
鳥さんもそれぞれ個性があり、こればかりは仕方がないですね。
ふた晩ほどこんな日が続いてるので、もうダメかと思いつつ、
昨夜、念のため検卵はしてみたのですが
一つだけ有精卵がありました。
でも、巣引き中ずっとこんな感じですと、
おそらく中止卵になってしまいそうです。
もうしばらく様子は見てみますが、
伊勢の体調を見計らい、巣箱、環境の見直しをしつつ
仕切り直しをしなくてはいけない感じです。
伊勢の体が第一なので、早いとこ止めさせて
充分に休養させたいのが飼い主の本音です。


ダイヤのアイちゃんとシルバーくんの卵は
残念ながら全て有精卵ではなかったようです。
今回はペアを変えたせいなのかは不明ですが
久しぶりに本気なアイちゃんが見れたので
残念ではありますが、頑張ってくれていて愛おしいです。
やはり、人間側の思惑通りに簡単なものではなく
どちらにしても、生まれる雛は生まれますし
無理な時はどうしても無理なのだと思います。
こればかりは飼い主が躍起になっても良い方向にはいかないので
鳥たちに任せます。ただ、人ができるケアによって
生まれやすくなる命があることも事実だとは思うので
経過の観察と試行錯誤は引き続きしていきたいと思います。

※キンカチョウとカナリアの巣引きについて
お問い合わせが多かったのですが、今季は羽数が増えましたので
見送らせていただきます。申し訳ありません。

治癒能力に感謝

さて、こちらはコモンさんですが。

天(テン)くん。
SPC300338.jpg

灯(アカリ)ちゃん。
アカリちゃんもメンバーに加えたので
よろしければ見てくださると嬉しいです。
PC270092.jpg
そして、アカリちゃんに関してですが、
TwitterやInstaではご報告したのですが
アカリちゃん、先日、瀕死の重症でした。

仕事から帰宅すると嘴をケージの底につけて
開口呼吸及び肩を上下させる、おまけに
蝉の臨終時のようなパタパタと回転しながら
飛び回る様子などから、『あ、もうダメかもしれない』
と、感じて、すぐに電話をしたのですが
遅い時間でしたので繫がるわけもなく…
何か、悪いものを食べて中毒?留守中に何があった?
原因を探る余裕もなく、なんで?なんで?と言うのが精一杯でした。
絶望的な気持ちでしたが、まずは明日朝まで
持ちこたえてくれることを第一に考え、
傍で心配そうに見つめるテンくんでしたが、
アカリちゃんをそっと持ち上げ、保温室に移しました。
この時も、全く抵抗なく、すぐに手に持たれてしまう感じからしても
半分くらい、もう、ダメかもしれないな、と正直思ってしまいました。
この症状で復活したフィンチを、今までの飼い主は知りません。
仲が良いからと一緒にさせた時期が早すぎたのだ、と
ものすごい後悔の念が募り、またやってしまったと自責していました。

食事も取れていないのかもしれなかったので
こんなに弱ってしまっては、強制的に食べさせなくてはいけないかもしれない、
とも思いましたが、誤って誤飲させてしまったらその時点で....ですし、
まずは落ち着いて小一時間ほど観察しよう、と思いました。

いつものシードにエグザクト、エッグフード、あわ玉を少量入れ、
水にはネクトンとポカリスエットを極少量混ぜたものを用意しました。

それから少し暑いのではないかと心配になる程、
ケージ内部の温度を高くして、ケージカバーを
かけながらも、数十分おきに覗いてみました。
カサカサとケージ底を転げ回っている音が
恐怖で悲しくて心配で…恐ろしい時間を過ごしました。
なかなか回復せず、見ているのが本当に辛かったですが....

そのうちに旦那さんが帰宅したので
夕飯の準備をしなくてはいけないので
しばらくケージから離れたのですが
ひと段落ついた頃、ケージの底のカサカサ音が聞こえなくなり…
…ああ、逝ってしまったかもしれないな、と。
しばらく怖くて見れませんでした。
覚悟を決めて、ケージカバーをめくり、
中の様子を確認すると‥びっくりしました!

床に転がってしまっている、アカリちゃんを想像していた飼い主は
自分を責めました。なんと、アカリちゃん、止まり木に『スクッ!』っと
仁王立ちしています。飼い主と目があうと何事もなかったかのように
小首を傾げているではないですか。
この短時間に、この劇的な変化は‥ありえん💧
病気ではないな、と思い、ようやくここで、
ああ、お産だ‥と気づきました(遅い💧)
しかし、卵の形跡はなく‥不可解でしたが
ご飯をすごい勢いでポリポリ食べているアカリちゃんを
確認後、再び室温チェックをし、高温を保ったまま
少し安心できた状態で寝かせました。
翌朝、元気に対面できますように、と心から願いつつ。

テンちゃん、重いってよ?

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


翌朝、恐る恐るケージカバーを取りましたら、
きょとんとした表情のアカリちゃんが居ました。
本気で神様に感謝した瞬間です。
ホッと胸をなでおろし、注意深く様子を確認すると
柔らかくてふにゃふにゃの軟卵が床に落ちていました。

やはり卵です。
雌鳥のリスクは何と言ってもやはり
『産卵』です。このリスクがあるので
巣引きは本当に怖いので、積極的になれません。

もちろん雛ちゃんに会えるのは
この上ない幸せだったりもしますが、
大切な女の子を危険に晒すくらいならば
ずっと産まなくていいよ、とさえ思ってしまいます。
ペアが仲睦まじい様子を眺めるのは
幸せな感じがしますし微笑ましくて好きですが
巣引きのリスクを思うと、
こういうことが実際に起こってしまうと
つぼ巣もオス鳥も、遠く見えないところに
離してしまいたくなってしまいます。

私はペットショップやブリーダーさんにはなれませんねえ😅
もともとなりたいと思って鳥に関わっているわけでもないので
やはり、『今いる子たちとみんな元気な状態でなるべく長く一緒に暮らしていきたい』
というのが一番大事なんですよね。

ラブソング、いちお、 きいてあげるですよ。

LBさん(@lb0720)がシェアした投稿 -


すごく仲が良いし、アカリちゃんものほほんとした子で
嫌がる様子もなかったので、きっと良いペアになれそうなのですが
ちょっとまだ、今はダメですね。

よくぞ、戻ってきてくれた。
今回は運とアカリの治癒能力の強さで大丈夫だったけど
本当に危なかった。
コキンさん同様、こちらも時期尚早でした。
飼い主の責任だね、ごめんね。
テンくんには申し訳ないけど、もうしばらくは
別々に過ごしてもらって、まずはアカリの体力増強と
強靭な体づくりをしていきたいなあと思っています。

名前ってだいじ。

年が明けてしばらく経ちますが
ずっと気になっていたコキンさんたちの名前が
ようやく決まりました。2月と3月で1歳を迎えますが
なかなかお名前つけられずにいました。

性別がはっきりしてから、
そして、色が出ないとなかなか
呼び名候補も出てこないものですね。
ずっとブルー兄とかブルー妹ちゃんとか
ノーマルちゃんとか…しょうもない呼び方してました。
ごめんね。1歳前に決まったから、今からでも個々に
きちんと声かけていこうと思います。
SPC300202.jpg
紫暮(しぐれ)くん。
PC300491.jpg
和歌(わか)ちゃん。
PC300477.jpg
小夜(さよ)ちゃん。

なんだか和風になってしまいましたが
なんとなく着物のような色合いの子達なので
百人一首に使われてるような
イメージの言葉を名前にしてみました。
あれっ?💦使われてないか、別に😅

お名前も決まるとHPのメンバー入りにも追加しやすくなります。
ということで、メンバー入りしましたので
よろしければ見ていただけると嬉しいです。※コキンコーナーページの下の方です。
コキンさんたち、すっかり色が決まり
美しくて毎日見惚れてしまっておりますが
色が変わる前は、3羽とも仲睦まじく
みんなでわちゃわちゃと遊んでいたのですが
成長とともに、やはりちょっと問題が…。
気が強い種なので、弱い子が1羽だけいると
攻撃するのですよね。

シグレくんとワカちゃんは
良い感じの恋仲なので
仲良くしていましたが、この兄が問題で
妹のサヨちゃんにまでちょっかいを出すのです。
3羽で同居していると、妹を追いかけ回しては
彼女にも手を出すという…人間界ではありえないことを💦
そうです、結構ダメな男です。
妹のサヨちゃんはかわいそうに、疲れ果て
初産まで強いられてしまったものですから
見かねた飼い主は
サヨさんを別宅に移動させたのですが…
そうすればワカちゃんといい感じに、
落ち着いて夫婦になれるかな?と。
しかし、そんなに単純にはいかないようで
3羽そろっていないと落ち着かないらしく
ペアで同居させたら、
今度はワカちゃんを攻撃し、
放鳥すれば妹宅へ
足繁く通うような不埒者です。
そんな様子にイラっとするのか
ワカちゃんもサヨちゃんをいじめるという悪循環💧
変な歪んだ三角関係です。
光源氏と名付けた方が良かったでしょうか😅

そして、コキンさんの巣引きはもちろん
楽しみではあるのですが
先代のコキンさんも繁殖行動が原因で
弱ってしまったり逝かせてしまったりという、
悲しい出来事もあったので
とにかくこの3羽が長く長く
健やかに寿命を全うしてもらいたい!
というのが飼い主の切実な願いです。

なので、実際、柔殻の卵ですごく辛そうだった
恐怖でヒヤヒヤさせられたサヨさんの産卵を経て
まだ時期尚早なのがはっきりわかりましたので
なるべく発情しないよう務めるためにも
秋までは全員別居させることにしました。

産気づいてる時に、シグレくん、
よせばいいのに追い回すので
これが女の子を消耗させるのだな、と思います。
朝の放鳥は3羽一緒に
(サヨちゃんが不調な場合は2羽だけで)
してもらい、一定の時間が経過したら
個々に個室に帰ってもらっています。

飼育の難易度が高いという
先入観を持ってしまった飼い主は
この一年間は、結構、コキンさんたちにかかりきり
と言っても過言ではないくらい
時間も神経も使った気がします。
1歳を迎え、毎日の放鳥で体力をつけ、
経過を観察しつつ可能であれば、夏あたりから
鳥部屋の庭箱暮らしに
移行できれば良いなあ、と思案しています。

その前に、まずはこの冬を無事に越せますように。
1歳のお誕生日を3羽で一緒に元気な状態で
お祝いできますように。
google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。