止まり木

急に寒くなり、冬支度をしなくてはいけないのに
遅れを取っています。今年の冬こそ1羽も逝かせたくないので
暖房方法を見直そうと思案中です。
昨年までは、寒さに弱い種、幼鳥、元ワイルド、老鳥など
いろいろな鳥さんに対応すべくパネルヒーターや
赤外線などいわゆるペットヒーターと呼ばれるもので
個別に対応してきましたが、さすがにカゴ数も増えたので
今年は部屋全体を温める方法に変えていこうと思っています。
PA060053.jpg
かといって、暑すぎたり乾燥しすぎたりというのも
心配ですし、どんな器具を使うか現在も思案中です。
すでに寒いので、急がないと💦…
準備整ったらまた報告したいと思います。
PA060048.jpg
秋も深まり、鳥さんの世界は本来ならば
繁殖期…な場合も多いのかもしれません。
私のHPにもキンカさんやコキンさん、
カナリアに文鳥さんも
『雛ちゃん産まれてませんか?』
『里親募集してませんか?』
などのお問い合わせをいただいております。

鳥さんを飼ってみたいと思われる方が
増えていらっしゃる気もして、
とても嬉しいお問い合わせなのですが
残念ながら、しばらくの間は巣引きを見合わせています。

今年は年はじめにコキンの雛さん3羽、
アキクサインコのルビノーさん2羽、
カナリア雛さんもハヤトを筆頭にかなり増えました。
IMG_4706.jpg


そんな中で、見送ることになってしまった命も。



暫く増やさず、今いてくれる命たちともっと丁寧に、
そしてもっと大切に向き合いたいと、
ここのところずーっと思っていますし
そしてなるべく1羽1羽との時間を密にとるようにしています。
なかなか公平にはできていないのが事実なのですが。

しかし実際にこれ以上、増やすのは
時間的にも物理的にも
非常に難しい…という事で
暫くは積極的な雛ちゃんの誕生は望めそうにありません。
雛ちゃんの誕生をせっかくお待ちくださっていらした方々に
お詫び申し上げます。申し訳ありませんが、もう暫しお待ちを。


そんなわけで、せっかく一緒にいてくれる
鳥たちとの時間を、もっともっと大切に
そして、どうせならばもっと楽しく…そんな思いから
ここのところ、彼らと過ごす場所の充実をもっとさせたいと、
そして美しい彼らの美しいとまり木を…ということで
PA060110.jpg
とまり木づくりに地味にハマっております。
PA060027.jpg
写真撮影用にとまっていただく止まり木で
ちょっと小洒落たものはないかな…と探していたのですが
なかなかちょうどいいものがないので
いろいろ作り始めています。
PA060066.jpg
今後も大きめの鳥さん用や
小さいフィンチさんたち向きのもの、
みんなでワイワイ止まれるようなものなど
いろいろ作ってみたいなあ。
PA060002.jpg
キャリーと、とまり木は鳥飼を始めた当初から
ずっと心ときめくアイテムでした。
PA060096.jpg
なんでかはわからんのですけど
なんだか、いつも止まり木、鳥かご、キャリーは
いろいろ検索したり探し求めていたりして
鳥さんと暮らす上で楽しみを深めてくれる存在です。
鳥さんが安心してくつろげる場所を自分で作ってあげられるのは
嬉しいものです。作ってる最中に寄ってきて
ちょっかい出されたりしながら、ちょこちょこ作ってます😅
PA060021.jpg
気に入ってなのか、たまたまなのかは定かじゃありませんが
今のところ、結構な割合で拒否されることなく
受け入れてくれている鳥さんが多くて嬉しいです。

近々、大物を作る予定なので
完成したらまたお披露目したいと思います。

※先日、お伝えしたカレンダーですが
残3部ございます。
住所をお教えいただくことになりますが👌…な方、
ご応募お待ちしております。
スポンサーサイト

カレンダー

秋も深まって朝晩は少し寒いくらいになってきていますね。
やっとキツイ夏が終わって、大好きな秋です。
夏の間は暑さに負けてしまって、冬眠ならぬ引きこもり気味な
体調とメンタルだったのですが
近頃は何を食べても美味しいし、
いろいろやりたいことも、ようやく『よしっ!やろう!』と思える
元気がようやく少しずつ戻ってきたように感じます。
秋、大好きです。

今日はちょっとしたお知らせなのですが
先日、ちょこっとこちらでも記載した『インコ川柳』に
引き続き、誠文堂新光社さんの
『かわいい小鳥のカレンダー 2018』が発売になっていますが
こちらに、我が家の鳥さんも何名か掲載していただいております。

写真はcompanionbirdのNo.25とNo.26の時にもお世話になった
蜂巣文香さんが撮ってくださっています。

IMG_4104.jpg

IMG_4105.jpg
とても綺麗に撮ってくださり感謝です。

TwitterでもInstaでも散々、動画UPしすぎなうちの鳥たち💦
もう、いいだろう?😅…と思われる方多数かもしれませんが😅
親バカなもので、嬉しいのです。はい。
よろしければ、見てやっていただけますとこれまた嬉しゅうございます。
宣伝ですね、これは。はい。すみません💧

このカレンダーについてお知らせ
ございますのでよろしければ💓

ラテさん

macの液晶が綺麗になって無事に帰還してくれました。
そんなわけで、これを機に更新に拍車がかかると良いのですが…💦

今日は私の姉のお迎えしたラテさんを
ご紹介したいと思います。

TwitterやInstagramではうるさいくらいに近況を放出しているので
もう、わかったよっ💦くらいに思われちゃうかもしれませんが
本当に可愛くて、私のブログにも写真をUPしときたくなりました。

先日、我が家へ来て、
うちの鳥さんたちと戯れた姉が、子育ても終わりに近づき
(成人したばかりと、来年大学受験の娘ちゃんの2児の母です)
きっと少し寂しくなったのと、余裕も出てきたのでしょう、
鳥を飼いたいと言い始めました。

姉は私も一緒に暮らしていた頃に
猫や犬は飼育経験はたくさんありましたが
結婚してからはペットは飼育したことがなかったので
いつかまた、ペットと暮らすことになるとしたら
ニャンコかワンコを飼うんだろうなあって思っていたんですが
今回、鳥さんを選んだのは意外ではありました。

しかし、コキンチョウやコザクラのムサシと触れ合う中で
『鳥ってありかも💓』って思ったんでしょうね。

先日のブログでも、ムーちゃんに刺激されてコザを
猛烈な勢いで探し始めたものですから、
私も慌てて何人かの知り合いブリーダー様に
不躾に雛がいないか問い合わせたりしておりました。
なのに、何を思ったか
『オカメがいい💓』といきなりの鳥種変更💦

コザの問合せを不躾にさせていただいた
ブリーダー様、その節は本当にお騒がせいたしまして
大変失礼いたしました😅ごめんなさい💦

私の家に来た時にオカメちゃんを触ったわけじゃないのに
‥(あ、我が家のユキ嬢はにわかに
メンヘラ気味の箱入り娘ゆえ、実の姉であろうと触らせませんでした😅)

なんでも、やはり初心者にありがちな
『大きさ』に惹かれた様子でした。
私も初の鳥さんはオカメちゃんでした。
しかし、初心者でいきなりオカメ雛はメンタル的にも
技術的にも、そして何より巣立つまでの期間の長さからも
難しかった記憶が今でも思い出されます。
それでも巣立ちは成功し、幸せなオカメちゃんとの暮らしは
今でも忘れられず、本当にこの世にこんなに可愛い生き物が
いるのだろうかと何度も思うくらい可愛い子でしたから
姉の気持ちもわからないでもないです。
しかし、私自身はそんなに愛おしいオカメちゃんを、
実際には長寿を全うさせてやれることなく
未熟な飼い主のせいで短い生涯にさせてしまった事実もあり
あまりオススメする気にはなれなかったのです…。

でも、姉は生き物の世話は動物はもとより
人間の世話も上手なタチでしたので
私と一緒にしたら気の毒だな、とも思い
早速、オカメちゃんのひなを探し始めました。

夏の暑い最中でしたので、シーズンではないし、
もう少し涼しくなり秋が深まった頃なら
たくさん、生まれてくるよ、そしたら
たくさんの候補ちゃんの中から選べるよ!って何度も言ったのに
一刻も早く欲しい!!っ‥と。
‥子供か。

‥で、ようやく主にオカメのブリードをされている
方に問い合わせ、ようやく姉の望むシナモン系の雛ちゃんを見つけました。

仕事がお休みの日を合わせて、車に姉と姉の娘ちゃんを乗せて
早速、その子に会いに行きました。

連れて帰ることになる予感はしていたので
とりあえずはお迎えセットを準備してあげて
暑い日でしたので、帰り大丈夫かな💦と一抹の不安とともに
ブリーダーさまのお家へ向かいました。
IMG_3001.jpg
差し餌は1日2回くらいになってる子がいいなあ‥
なんてぼんやり思いながらも
まだまだ小さい雛ちゃん用に小さいプラケースと、
中雛まで大丈夫だろう‥ということでルーミイ、
止まり木とタンク式の水入れ、エグザクト、ペレット、種餌。
それからオカメちゃんの本を持たせました。

ブリーダー様のお宅には
たくさんのオカメさんがいて
本当にどの子も美しく手塩にかけて愛情込めて
育てられているのがよくわかりました。
みんな可愛すぎで迷いに迷いましたが
最終的には問い合わせた時にご案内いただいた
シナモン系のこの子を連れて帰ることになりました。

姉はオスがいいと何度も言ってましたが😅…だからさあ、姉さん(-。-;
雛時期からはようわからんて💦無理言うでないよ😅
IMG_3004.jpg
で、連れてきたばかりのオカメちゃんです。
IMG_3063.jpg
目がクリクリ💓
IMG_3008.jpg
差し餌は1日3回をあと1ヶ月くらい...ということでした。
ほっぺの色がある子も惹かれたらしいけど
娘ちゃん‥私の姪がうちのユキちゃんみたいな
ほっぺ無い子がいい💓とのことでしたので
この子のお顔はとても気に入ったようでした。
IMG_3013.jpg
帰りの車の中では親子で名前の相談をしきりに
していたのが微笑ましくて、ワクワク感がこちらにも
伝わってきました。最初はリュウくん(男子と決めつけているようでしたが😅)
だったんですが、3日後、改名したようです。

カフェラテみたいな雰囲気、とのことで
『ラテ』になりました。
IMG_3912.jpg
それからというもの、姉から毎晩のように
体重が増えないが大丈夫か?とか💩の状態は
こんなだけどいいか?とかUVライトは必要か?とか
ずっと鳴いてるけど大丈夫か?とか
おやつはどんなのがいいか?とか
飛んだっ!飛んだっ!💓とか
水浴びた!💓とか…etc
それはそれは毎晩のようにLINEが😅

積極的にさし餌を食べるタイプの子では
なかったので、少し心配していましたが
姉と娘ちゃんで上手にシリンジ使ってあげたようで
立派に巣立ちしたようです(*^^*)よかったよかった。

初めてのことなので戸惑うのもわかるし
初めての大きな鳥さんの家族を迎えたわけですから
嬉しいのもよくわかります。

自分の身内が鳥好きになってくれたことも
大変嬉しく、また、一生懸命にお世話している様子を
ここ1ヶ月見てきて私も初心にかえり
改めて自分の鳥さんたちももっとお世話頑張らなきゃと思いました。

姉とは母の病状の話やその他、他愛も無い会話しか
なくなってきていたのですが
ここのところ話題といえばもっぱらラテのこと、鳥さんのことばかりwww

でも、とても楽しいですし、嬉しいものです。
来月は母と姉を連れて、掛川の花鳥園や
ことりカフェにでも行こうか、などと相談しています。

しかし、ラテちゃんかわいいなあ💓
私ももう1羽連れて帰ってしまいたかったけど…

私には大切なユキちゃんがいますからね。

ぐっとこらえて
誘惑に負けずに帰宅しました。
IMG_4012.jpg
ユキちゃんも7歳を迎えました。
長いお付き合いになってきています。
もっともっと末長く一緒にいてね。

いつか、ラテちゃんとご対面できるかな💓

動物取扱責任者研修

ご無沙汰しております。
本当に本当に、お久しぶりで
このままだと年をまた越してしまいそうなので
今年もあと数ヶ月だっ💦っと気を取り直して
PC立ち上げました😅

ネタはあるんですけどね😅
なかなか情報処理が仕切れておらず
時間は過ぎるばかりです🙇

そして今年も動物取扱責任者の研修へ
行ってまいりました。今回は2回目です。
IMG_3786.jpg
9月の中旬でしたので、まだ日中は残暑も少しあり
お天気だったのは幸運でしたが、何しろ暑かったです。
IMG_3788.jpg
去年と同じ江東区の会場でした。
教材と受講ハガキと筆記用具を準備し
IMG_3787.jpg
約3時間。長いような短いような…

今回の内容は
⑴動物の感染症について
⑵災害時の危機管理について


上記の項目でした。

両方とも関心があることでしたし、
いろいろタイムリーでもあったため
聞き入っていたらあっという間に終わってしまいました。

最後に内容が大まかにでも頭に入っているかどうかの
簡単なテストがあるのですが、そのテストの内容をちょっとだけ
備忘録的に掲載しておきたいと思います。

⭐︎感染症について
⭐️感染症は、動物と動物の間で伝染するもの、
人と人の間で伝染するものだけではない。
動物と人との間で伝染するものもたくさんあり、
これらを人獣通感染症という。

病原体の種類はウイルス、細菌など様々。
人獣通感染症の例として、高病原性鳥インフルエンザ、
狂犬病、オウム病、レプトスピラ症などがあり、
感染症法に規定される1種感染症から5類感染症まで
すべての類型に含まれる。

・免疫不全には先天的なものと後天的なものがある
・病原体の侵入経路は、経気道感染、経口感染、経皮感染、経胎盤感染、血液感染の5種。
・感染症の中には、蚊などの吸血昆虫が媒介する感染症もある
 →最近だとデング熱やヒアリ、マダニによる虫の害が気になりますね💦

⭐️レプトスピラ菌は感染動物(アフリカヤマネやアフリカモモンガ)の尿や、
レプトスピラ菌に汚染された水や土壌などを介して感染し、
健常な皮膚や粘膜からも
菌が侵入する。臨床症状は、風邪をひいたような症状のみの軽症型から
黄疸や出血、腎障害まで引き起こす重症型まで多彩。
日本国内で毎年数十人の患者が発生しており、
1970年代前半までは年間50人以上の死亡例があった。
・結核菌は人はもちろん、哺乳類、鳥類、爬虫類にも感染する。
・パスツレラ症の主な感染経路は、動物の咬傷によるもの。
・オウム病の感染源として推定される動物でもっとも多いのは鳥類。
 →中でも土鳩は保菌率100%。セキセイも多いが飼育数が多いという理由もある。

⭐️サルモネラ菌は有名な食中毒の一つだが、ミドリガメをはじめとする
ペットの爬虫類から感染した事例も報告されている。
経口感染により感染し、健康な成人であっても発症し、
集団食中毒になる場合があるが、
感染しても全てが発症するとは限らない。
感染しても発症しない動物=保菌動物…もたくさんいる。


⭐︎災害対策について
・BCP(事業継続計画)とは、
 事業の継続及び早期の再開を目標とする納采計画のこと。
・BCPを策定するためにスタッフが話し合うこと自体、
 災害時に無駄な動きをしない訓練になる。
・災害発生時に優先する業務を選び、順位を決めることは従業員、
 顧客、管理動物の安全確保のために必要。
⭐️BCP(事業継続計画)という言葉を初めて耳にした人も多いかと思うが、
これは事業継続及び早期の再開を目標とする防災計画のことで、
大きな災害が発生した時に優先すべき業務を選び、その順位を決めること。
BCPを策定していることは、災害に強い事業所、
企業として取引先や顧客に対するアピール、
ブランドイメージの向上に繋がる。

災害への対策は常日頃からの備えが大切。ケージの固定、
業務工程の簡素化、餌や水の備蓄など平時から対策をすることが大事である。

⭐️大きな自然災害が発生した後に、
ペットによる咬傷事故が増加することが報告されている。

外傷だけでなく、パスツレラ症などの
人獣共通感染症になる恐れがある。
咬傷事故が起きた場合は
、必要に応じて医師の診断を受けること。
また、飼っている動物が人に危害を加えた場合は、
飼い主の義務として
24時間以内に事故発生届を提出しなければならない。
(事故が起こった場所により提出先は異なる)
・動物の救済や物販など、災害時に動物取扱業が地域社会に貢献できることは多い。
・人獣共通感染症の発生を予防する観点からも、
管理する動物の脱走、放置は動物管理者として可能な限り避けなくてはならない。
・災害時の個体識別情報は、
犬鑑札やマイクロチップの他、迷子札の装着が効果的である。




以上、上記のような内容の講習を受けたわけですが
内容が大きいので、とても3時間で年1回の受講では
足りるわけもなく…これは日々、各自でしっかり
勉強しろということなのですよね。
感染症も災害も身近なことなので、もっとしっかり知識を入れなければと
身につまされる思いでした。

羽数も多く、ケージ数も多い我が家では
今回のお題のどちらとも深刻に悩むレベルですので
出来る限りの対策をしていかねばと改めて思いました。

特に地震に関しては、数分で何かが起こるとして
その後、命は失っていない状態を保てる状態に近づける環境にしておかなくては。
特に火災に至ることがあれば絶望的と思うので
火の元だけは常日頃から注意を払うようにしていますが
まだまだできていないのが現状です。

病気も災害も怖いですが
近い将来、必ず訪れるであろうと言われている
直下型に備えて、今のうちにやっておかなくてはいけないことは
山積みです…向き合わなくてはな…
日々そう感じる割合がどんどん増していっている感じです。
IMG_3878.jpg
こんなんでも修了証いただきました(いいのかっ!?)
引き続き、日々のお世話の中から
いろいろと対応策を考え実施していきたいと思います。

しばらくブログもHPも更新が滞っていましたので
再開していくつもりでいたのですが
Macの液晶が不良でAppleさんに交換していただくことになりました。
なので、明日からまた一週間ほど、更新ができないかもです😭

残暑お見舞い申し上げます

残暑とは言いつつ、8月に入ってからというもの
毎日、雨続きとびっくりするくらいの低い気温で
戸惑う夏ですね。
暑いのが苦手の私なので、
涼しいくらいがホッとするというのは
確かではあるのですが、こうも夏らしくないと、
やはりなんだか物足りないですね。

今年はなんだか、いろいろと慌ただしく
HPの更新もこのブログも滞りがちです。

前回からなんと、1ヶ月も放置してしまった💦
うかうかしているとあっと言う間に夏も終わってしまいます…
ということで慌てて今月初の投稿です。

IMG_2841.jpg
しかしながら、鳥さんのお世話は引き続き
毎日、マイペースではありますが
きちんとやっているつもりです。
IMG_2843.jpg
久しぶりにキンカさん。
実は当方で一番、羽数が多いのがキンカさん。
IMG_2850.jpg
源となるお父さんの錦くんです。この子は大きくて、
そして気の優しい子です。
子孫がたくさんたくさん、いますが、載せきれないので
代表者になってもらいました。
暫く、キンカ特集やってないなあ…
折を見てまた特集しようと思います。

ダイちゃんとヒカルくんも元気です。
相変わらずちょっとおデブで
気のいいふたりです。
IMG_2656.jpg


P6090277.jpg
…胡琴さん、お名前ついてないんですよね‥
つけなくちゃとは思いつつなかなか💦

そういえば、先日発売された
『インコ川柳』に
IMG_2798.jpg
我が家のイオリくんがちょびっとだけ
出演させていただいてます。
IMG_2808.jpg
可愛く撮ってもらってよかったね、イオリくん。
IMG_2561.jpg


ここのところ春先に生まれた
カナリアさんと胡琴さんたちに
魂を奪われつつもありましたが
毎日、必ず全部の鳥たちに声をかけ
手乗りの子とは触れ合い、荒の子でも
出たがり屋の子たちは放鳥したりしています。

伊勢と日向も元気です。
IMG_2626.jpg
いっとき、日向くんのピンクが
あまりにもショッキングピンク化していて
びっくりしましたが
IMG_1516.jpg
ここのところ、少し落ち着きつつあるようです。
IMG_2400.jpg
日向はとても人懐っこく
伊勢は割とクールな女の子です。
まだまだ幼いふたりですが
来春は雛ちゃんに期待したいですね。
そのためにも、体力をつけるべく
毎日、狭い部屋ではありますが
自由に遊んでもらっています。

こちらはマメくん。
IMG_2763.jpg
マメ子マメ子と呼んできたマメですが
いつの頃からか求愛吐き戻し行為から
すっかりメンズ確定です。
豆吉と改名されていますが、
主人はいまだにマメ子と呼んどります。
落ち着きのある小さな怪獣。
マメルリハは本当に魅力的なインコですね。
もっとキャンキャン小型犬のようにじゃれたり
齧ってきたりするのかと思っていましたが
大型犬のようにどっしりとした落ち着きがあります。

我が家の仲間の中では
さざなみインコの長老、ヒナオに似てるかな。
でも、ヒナオくんのような神経質さはないので
もう少し懐っこいかな。

そして最後に武蔵くん。
IMG_1374.jpg
実は、1年前から姉が我が家に来た際に
わんこじゃなくて鳥さんを飼おうか?
という気持ちになっていたらしく
IMG_1112.jpg
初心者なのでぶんちょさんやキンカさんなど
体のサイズや行動であまり
プレッシャーを与えない種の鳥さんを
勧めてはいたのです。
あ、セキセイも、とも思ったのですが
私個人的に、セキセイさんの飼育は
寧ろ上級者向きなのでは?と
思っているため、ぶんちょさんには失礼ですが
何しろ強いメンタルと体力を兼ね備えた
野生のカラスのような
この種を押していたわけです。
P2298121.jpg
しかしながら、むーちゃんを一度手に乗せると
あまりの可愛さに、コザクラさんの
魅力にやられてしまったようでした。
IMG_1108 (1)
まあね、むーちゃんは特別可愛いからさあ←(親バカ😅)
IMG_1106.jpg
しかも男の子でヒナちゃんから欲しいだなんて
難易度高いよ?お姉ちゃん。
IMG_1099.jpg
初代コザさんの姫子は女の子で、
それがゆえ、
長く一緒に居れなかったこともあり
男の子推ししたのは確かに私なのですが
なかなかDNA鑑定済みのヒナちゃんもいませんしね。

女の子だったら我が家で引き受けるか?なんて思いつつ
姉のコザちゃんを探し始めました。

ホワイトフェイスのコザひなちゃん、見つかりますように。

google翻訳
お知らせ
ご訪問いただきありがとうございます。何かございましたら下記のHP内『お問合せ』よりお願いします。
お願い
🐦当HP及びブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい。 🐦リンクは基本的にフリーですがひと声おかけいただけますと幸いです。
プロフィール

Iori

Author:Iori
鳥好きが祟り
鳥キチ道驀進中です。
HP『Live-Bird』
共々よろしくお願い致します。

Live-Bird
鳥好きが祟りHPを作りました。
最新記事
Instagram
リンク
カテゴリ